CHANGE

今回のタイトルはカッコよくしてみました。
全部大文字にしてるトコあたりのセンスに気づいてほしいなww←

さて、何故こんなテーマにしたのか。
過去の僕の記事見つけて気づきました。
「あれ、文体変わってるwww(僕はやっぱり堅い系なのはイヤなので草生やします)

最初は常体、次に敬体。
今気づいて言い訳も兼ねてブログ書きます。

人は変わるってことです。
これも「人間の論理の前提」です。

まず外部環境が昨日とは違う。
それに対する自分の対応も勿論変わってくる。
さらに自分自身の内部環境の変化も起こり得るわけです。
「やっぱりこっちの考え方のほうがいいんじゃないかなっ」って思いなおすこともありますよね?
今日の自分は昨日の自分と同じな訳がないです。


意思決定の際の自分の論理が「昨日と自分と変わってないはず」という前提から出発すると、弊害をもたらすと思います。
それは思考停止です。
常に考えることが求められる時代」で、「1番やってはいけないこと」。
それは思考停止だと僕は思います。



自分の中でのルーティンはただの思考停止につながることが多いのです。

ふと振り返り、俯瞰的に自分を見る機会を作りましょう。

今行なっている毎日のルーティンを振り返り、ベターはないか?
(ちなみに思考停止関連で書きますが、ベストって表現も思考停止に陥りやすいです。「これ以上はない」って決めつけちゃうから。未知の可能性も含めて、ベターって表現にします)



刻々と変化する外部環境。(特にネットというインフラは人類の進歩をかつてなく進めました)
それに対応する力は必須です、資本主義をわたり歩く上では。
「あれ、気がついたら自分だけ放置プレイ・・・」
こんなことにならないように、常に変化には敏感に。



元プロ野球選手・名将ノムさんは言いました。
「1番アカンのは鈍感や」(すいません、方言はアレンジっすw)
鈍感って言葉はズルい気もするけど、確かに「考えようとしない」って定義で捉えると、その通りだと思います。




また、アンテナをたてろ、とはよく言われますがそれは変化に気づけってことですよね。
ここで気づくだけじゃあかん。
「何故変わったか?」
これを繰り返す

前後を把握する

モノの流れを知る

社会の仕組みを知る

一般教養

この論理的思考も大切だと思います。


最後に。
有名な本「チーズはどこへ消えたのか」
この本の示唆も同じだと思います。
世界は変わる。人も変わる。それに気づきなさい。

こんな遅い時間に寝てもへっちゃらな身体に変わっていることを信じて寝ます。
マジヤバイ起きれへん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR