ネットが変える『第3世界』

IEがやられましたねw
もとからChrome ユーザーだったんでダメージはないですが。
Chromeってクロームって呼ぶんですか、クロムって呼ぶんですか?w


それはそうとして、夏までにネットスキル、特にHPとかには詳しくならなきゃな、って焦ってる所です・・・><
HPとこのブログをリンクさせて、より体系化したプラットフォームに出来れば、と。

過去の記事もある程度整理して、自分の考えをカテゴライズしていく作業を考えてます。
その結果何が言いたいか、をより自分の中でも考えれるように、ですね。


このような方向性で考えているんですが、全部これはネットの世界での話ですよね。
内部完結。
そこに「リアルな僕」は登場しません。

ネットの1番の凄さは、そんな「リアルな個人」を必要としないところにあると僕は思うんです。
いわば、発言の中身。
誰が言っているかじゃなく、何を言っているかが重視される。
言葉対言葉、質の勝負。

勿論ネット空間で活動するうえでも肩書きがあれば非常に便利、かつ有利です。
元経営者、元官僚、元芸能人、はたまたその現在バージョン等・・・。

ただ、今ネット空間、その第3世界で活躍している人に「著名ブロガー」って肩書きも少なくありませんよね。
著名ブロガーって肩書き、どう思追いますか?
元々無名だったけど、結局その言論内容の質及び量が評価されて著名になったんじゃないでしょうか?

僕は、そんな『第3世界』に「第2の自分」が影響を与えるのを夢見てます。
覆面ブロガーも多いですよね、このご時世。

テレビのあっち側に行きたいとかどういう願望はありません。
ただ「第2の自分、僕」が少しでも『第3世界』で活躍できれば、と。

僕の力量にかかわらず、それが個人として可能な社会だと思うんです。
対立する考え。
それを揉み解す、というかお互い「自己紹介する場所」。
それがネット空間の長所であり、かつ可能性だと思うんです。




テレビの向こう側で繰り広げられている討論会は結局見世物用なので期待できません。
結局相手を罵り、論破する。
「論破」出来たとしてもその考え方が政策的にも、経済的にもbetterなのかは別問題ですよね。


君の言っている考えは多いにわかる。
だけどこういう考え方もあるんじゃないのかな。


そんな落としどころを見つける場所、それがネットであっていいと思うんです。

政治も結局アウトプットされる政策も妥協の産物だと思ってますし、その意味ではネット内での民主主義、といっていいかもしれませんね。(多分これがいわゆる一般意思2.0ってやつですね←)

色んな価値観、考え方、主義主張に触れ合って感化される。

その上で自分の意見を述べて誰かが感化される。

逆にこの社会の行き詰った閉塞感を打開するのはネットって言っても過言じゃないと思います。


少なからず僕はそう確信しているから、この『第3世界』で生きようと思っているんです。

こんな変な人がいて僕は今ここにいる、そんな地図的な役割。

異なる思考との触合い、そしてそこからの融合、結合、分離。
言葉を媒体としてそんな機能がネットにあるんじゃないですかねっ?

この第3世界の可能性は無限大だと思います。

(遅くなっちゃいましたが現実世界=第1、テレビの向こうが第2、ネットが第3世界、って意味で使ってます)



日付変わっちゃいましたね><
GWに備えて早く寝るとしますっ!

今日もお疲れ様でした^^v
明日も頑張りましょうっ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR