マネー論


いつのまにか世の中での一般男性のステータスが年収で判断されるようになりましたw

若くして社長になり、例えば秒速でウン億円稼ぐ人がチヤホヤされるようになりました、
倒産する場合もあるみたいですがw

将来の夢、お金持ち。
就職したい業界:給料がいいところ。

こんな風潮ないですか・・・?

僕は一社会人ですが決して給料が多いとは思いません。
同級生とかで僕より2倍以上稼いでいる人も何人かいます。


良く知りませんが、
昔はもっと「分かち合えた」部分があったんじゃないですかね。
っていうのも、年収とかより、自分はこんなもの作ってるんだ、売ってるんだ、っていう所で
本人としてもやりがいを感じ、社会としてもそれを認め合えるような、っていうんですかね。

年収的にはアレだが、素晴らしい仕事。
それを社会としても個人としても共有できるような環境。
それが「一億総中流社会」の良い部分じゃないかと僕は推測しています。


(ここからの流れは分かりますよね。)


今はどうでしょう?

お金もちって何でしょう。

目的がお金を持つこと。

それが社会的に「善」とみなされている以上、個人としてもそのような人間が作られるのは仕方ないことだと僕は思うんです。
お金持ち=絶対的善。
それに皆が同意署名した結果、生きる目的がお金持ちになる人が量産される。


僕はお金もちを否定しているのでありません。(ここまで書いてたらそう聞こえますよねw)
お金を「ツール」として、自分の目標の一つの「方法」として使う、そんな人も多いと思うんです。
より大きな夢がありそのためにお金を稼ぐ。

ホリエモンもあれだけ叩かれていましたが、昔からロケットを打ち上げるっていうおっきな夢はあった。
そのツールとしてお金が必要。
ロケットを打ち上げるという最終目標が決して悪いものとも考えられません。




経済発展も一段落し、(経済的な意味合いでの)パイはなかなか拡がりません。
結局過剰な「金への執着」ってものはパイの奪い合いを加速させるんじゃないでしょうか?

生きにくいですよね、
僕はそんな社会イヤです、住みたくありません。
そんな社会を、世界を引き受けることはできません。
(前の記事参照クリック★


「お金」以外のどんな所で社会人は評価されるんでしょうか?
社会に貢献している、とかそんなんじゃなく「年収良さそうか、悪そうか」の肩書きで判断される傾向はないでしょうか?


今日僕が言いたいことって、
こんなに生きにくい社会になっているんだよ
って出来るだけたくさんの人たちに分かって欲しいんだと思います。
(何か上から目線っぽいですが僕がそう思ってるだけですw)


今、現在が当たり前じゃない。
どういう枠組みの中でどの方向へ向かっているか。
お金に対する態度。



以上、「マネー論」総論でした。

またいつか各論部分も考えないといけないですね、
多分「分かち合える、シェア出来る」みたいなフレーズを連発するんですかねw

明日から月曜、頑張りましょうーー^^v
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR