観念のセカイ

お疲れ様です。。。
さっき帰ってきてクタクタです・・・。

年度の始めって忙しいんですねww

今日もかっこいいタイトルにしてみました。
今まで僕がこのブログで語ってきたのって、いわば「観念のセカイ」での話だと思うんです。
パッとしない人も多いと思います。

僕もパッとしませんw

観念って言葉が意味するのは(無)意識だとか、思考とか、実際に人々が意思決定する際のバックボーン、
僕はその意味でこの言葉を選びました。

政治を語るのも良い、経済についてででもいい、
ただそれらを語る上で極めて抽象的であやふやな背景ってものがあると思うんです。

それを僕は語りたいんです。

「何をもって自分の意見をもつのか」
その根本的な部分です。

人の行動様式をまず否定することが始める。
行動様式ってのは決定付けられるものだ。(以前の記事でも書きましたね)

決定付けられる上で何を考えるか。
どう抗うか。

複雑に絡み合うイデオロギーの中で自分はどれを選ぶか。


いわば「総論」って部分ですかね。

いつか個別に各論を考えてみる必要もあると思っています。

○○問題って名称がつくものもゆえに(?)各論ですね。

教育問題とか、格差問題とか、雇用(労働)問題とか、たくさん日本は問題抱えていますよね。

まぁ簡単に解決しない問題だからずっと問題になっていると思うんですが。

それらを考える際のヒント、補助線。
それが思想であって、イデオロギーでもあって、
「観念的」なモノだと思うんです。

あえて再定義は避けたいと思います。
「確固たる言葉」として確立していないと思うんですよね、この次元の話って。



社会が抱える様々な問題。
「should」「better」ってフレーズを功利主義的に簡単に当てはめることは難しいですよね、
社会はこうすればよくなるって。そんな解決策無いって言いきってもいい。
個人的には「want」でいいんだと思うんです、
ただその「want」が皆にとって社会にとって良い結果を生み出せばなぁと、そんな個々の集まりで出来ている社会だったらなぁって思っています。


良き社会が良き人を作る。



僕の観念ってのはそういうものです。
現段階ではってexecuse付ですが・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR