学問の「有効性」

学問チックな記事を書こうと思います。
鳥貴族でほろ酔いした土曜の晩です笑



タイトルの名前からして、言葉としてフレーズとして使うには間違っていると僕は思うんです。
「有効性」。費用対効果。
そんな言葉がそもそも「学問」って分野には似合わないと思うんです。

そもそも、「知」とは計測不可能で、自分にとって有効的かどうかわからないような、あやふやなもの、考え方そのものだと思うんです。


以前の記事でも何度か書きましたが、経済的意味での市場で活動するうえで絶えず僕たちは価値を計られる続けます。
その計られる価値とは肩書きとか、市場価値として計測可能な実務的資格の取得などです。

あんまりこういう言い方したくないのですが、わかりやすく言えば学問自体は「考え方」そのもの、計測(測量)可能な実務的肩書き自体は「知識」に該当すると思うんです。

何故こういう言い方をしたくないか。
簡単にスキーム化出来るような問題ではないと僕は思うからです。

以前の記事(クリック★)でも書きましたが、客観的に「わかりやすい」区別の仕方、問題の解決方法程内在する諸問題を抽象化の過程で切り捨てたものなのですから・・・。

閑話休題。
そもそも個人の「思考」、「考え方」自体は計測不可能である。
市場で「価値」として測定されるべきものではない。

そもそも僕はこの学問に関わる思考そのもの、それを「一般教養」と再定義しています。
周囲の環境から自分の意思を決定付けられ思考を構築する過程そのものです。



なんかグダグダしちゃってますね><
端的に言いたいこと・・・。
学問という個人の「考え方」そのもの。
それは価値付けるにあたっては不可能なもの。
「個人」にとっても、それが自己の為になるか判定不可能なもの。
従って「有効的」かどうかわからないもの。
そんなものだと思うんです。


現在、大学進学でも人気な学部は「経営学」とか、どちらかというと知識そのものが重視される実務的な学問になっています。
それを僕は危惧しています。

自分にとって「カネ」になるかわからない。
しかし少なくとも社会のためにはなる。

与することが出来る。
そんなコストパフォーマンスという一言で片づけることの出来ないモノ。

そんなモノを社会は求めているんじゃないですかね・・・。
自分のためになるかどうかは分からないが誰かのためになることであろう部分を相手に与え続けることの出来る人が作る社会。


理想論ですかね、でも資本主義か高度化するにつれて個々のパフォーマンスとしてはそれを目指し続けることしか方向性はないと思います。

個々個人にそのような方向性を目指すことを強制するのは無理です、
でもそのような方向性を向くような個人を作る制度を創る、って言ったらいいんですかね、それを目指すのは少なくとも可能です。


個人重視ではなく前提に社会。

そんなフレームワークを思考の前提として備えた個人を、人格を形成するような制度。

そんな社会を創る事を僕は目指します。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR