『合理的』な考え方

合理的って言葉ってずるい気がします。
良い意味で使われ、決して否定する場面では語られない言葉です。

「合理的」・・・1 道理や論理にかなっているさま。「―な自然界の法則」
2 むだなく能率的であるさま。「―な処置」

客観的に見て筋道が通っている意思決定。
その一連の手続きの事を合理的と呼ぶのでしょう。

ただ僕は疑問は投げかけたいです。

全ての場面で合理的な意思決定ってのがいい結果を導くのでしょうか?
そもそも理にかなっているとは?
そもそもそれらの根底にある理・ことわりって何でしょうか?

結局そのことわりって部分も主観的な部分の結合って意味でしかないと僕は思うのです。


合理性が全てを支配する世の中。
僕はそれを危惧します。
まるで機械な。自分にとって最善の解を導き淡々と行動するようなさま。

人間らしく生きるって、変な言い方すれば遠回りしながら訳のわからないことをしながら進んでいくことになるんじゃないでしょうか?
人の非合理的な行動に対し時に僕たちはそれを面白おかしく笑います、いい意味で。

大体お笑い芸人の滑らない話もそんな非合理的な行動を面白く加工したものなんじゃないでしょうか。
何故か人はそこに人間味を感じます。

明日朝早くから重要な会議がある。
合理的に考えれば早く寝て明日に備えるべきだ。
ここで合理的って言葉を支配することわりって部分は「明日の会議を成功させる」ってモノだと思います。

そんなもん失敗してもえぇやん、今から飲みに行って麻雀やw
そんなバカみたいな、非合理的な意思決定こそ楽しく感じれる瞬間なんじゃないですかね。

自分で言っておいてそんなことやろうとは思いませんがw

元々「立派に合理的に生きる」って変な言葉だと思うんです。

ムダな時間の使い方、金の使い方、一体どんなムダをしてきたのか。
そんな部分で非合理さ・人間らしさってのがはかられてもいいんじゃないですかね。

「近代合理主義」って言葉はカッコいいです。
勿論最低限合理的に考える能力も備えるべきです。

ただ過剰に、「モノゴトに理由を求めるスタンス」、これは良い結果をもたらさないと思います。
個人にとっても、社会にとっても。


無意識に使っているこの言葉。
或いは意思決定する際の基準と設定されているこの言葉。


完璧に「善」と捉えられて使われているような気がしたので、軽く考察してみました、
正直自分でもよくわかりませんww

人生で何が正しいのか、的な哲学チックな分野に軽く足踏み入れてるのかもしれませんが、
あま理深く考えすぎるとおやすみモードの脳になっちゃったのに寝れなくなるのでここまでにします。
おやすみなさい

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR