メディアとネット

テレビ、見てますか?
僕は見てません。
よってテレビでしか映らない有名人、例えば芸能人とかには疎いです。

その変わりネットはいつも見てるので、ネット界で有名な人は比較的知ってる方だと思います。
著名ブロガーからネットコメンテーターまで。
ネットで活躍する人って方向性・規則性があると思うんですよね。

それは既存のメディアには極端に露出しないってことです。

既存のメディア、例えばテレビですがそれを通して放送するとどうしてもテレビ側の編集過程で情報の歪曲などが起こります。

僕は、テレビの出演料ってものはそういう「テレビ側の編集過程による故意の歪曲表現」ってものに対する保険料も入ってるんだと思うんです。
これくらいの金やるから、ちょっとくらいの編集我慢して、とかこういう発言して、とか・・・。
そりゃ金くれるんだから、出演者も演じるインセンティブが働きます。


「御用学者」って言葉は政府の言いなりになってくれる学者のことを指すんですが、そもそもテレビでよくみるコメンテーターとかも金貰って喋ってるんだから大体そのテレビ局の御用になってますよねw
ましてテレビの悪口を言うわけがない。

僕もたくさんの本を読んできましたが未だかつて「本は読むな」って内容の本に出会ったことがないのと同じです。構造上の帰結です。



このように既存メディアを通して公正公平中立な情報・報道内容を聞こうとするのって無理があるんです。


そこでネットです。
例えばホリエモン。
テレビでなんかほとんど見ませんよね。気づいてるんですね、テレビ信じちゃいけないって。
だからニコ生で放送するんです。
大体ニコ生で放送してる著名人の顔ぶれ見ると、大体テレビ嫌いっぽい人達ばかりです。(偏見、先入観w)


それに、最近もニュースであったんですがネットがテレビのねつ造を暴いたらしいですね。
真偽は定かではありませんが、こんな時代に突入しているんです。

ニュース速報より、ツイッターまとめの方が早くて情報は多いです。

大体、僕は昨今のテレビの視聴率至上主義ってのが嫌いです。
バカみたいな番組を流して、とりあえず数字・・・。

テレビって「インフラ」の一種じゃないんでしょうか?
情報って公共財産じゃないんでしょうかね?

ネットは是非こんな現状を変えてくれると僕は信じています。


ただあらためて考えなければいけないのが、メディアリテラシーって部分、情報の扱い方です。
要は「思考の介在」ですね。
自分の頭で考えて鵜呑みにしない。ぶっちゃけネットは質の悪い情報も数多く存在しています。
「自分の頭で考える」
根本的な部分は変わらないでんす。

社会構成員全員をより「考える」方向へ導くためにはどうすればいいのか?
これを考えること自体が、僕にとってリスクを減らす利己的行動であり、同時に公共的にもプラス(利他的)になると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

全く同意見
プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR