「贈与」の本質

経済合理性から述べると、「贈与」って行動は意味不明です。
自分の所有しているモノを無償で他人にあげる。
無償ということで、勿論見返りも求めず、です。

でも経済活動って、もともと贈与っていう行動から始まったんです。
遡って狩猟時代、川で捕れた魚を隣人にあげる。
物々交換から貨幣ってツールが生まれる。

貨幣という媒介を経由して、市場で取引するのは等価交換です。

差し出した貨幣価値以上のものは手に入れることは出来ませんし、それは市場取引上当たり前です。

ただ、これからそういう「贈与」っていう市場の外での人の非合理的な側面、純粋な思いやりってもので社会の質ってものが決まってくると僕は思います。


今、TwitterなどのSNSでは、自分の口座番号をさらけ出し、お金振り込んでくださいって発信している人もいますし、そういう人を集めて一斉に情報発信している人もいるのです。

あなたは見ず知らずの第三者の口座にお金を振り込みますか?

僕は今ちょうど転勤で引っ越し時期なのでお金がなく、振り込みません(笑)


でも返報性・見返りを求めない贈与ってあるんですね、いつの時代にも。

これからの時代、何故「贈与」に意義が出てくるか。

それは直接の、人と人との関わりだからです。
人は基本的に市場を通しての売買を行いますが、贈与は違います。

市場では売る人は利益を出すため高く売り、買う人は出来るだけ安く買おうとします。
そこに「心」はあるでしょうか。
値引きセールってのも還元すればマーケティングの一環です。

市場でのプレーヤーとしての「人間像」は機械みたいなものだと思います。

機械同士のやり取りでは「繋がり」は生みません。


「繋がり」、これが人間らしく生きるための十分条件だと思うのです。

ゆえに経済合理性上却下されるべき「贈与」って概念が人が生きる・人を繋げる社会の中では非常に合理的になるのです。

本来の意味での「贈与」って、モノを与えた人に、ほかの何かを返させる気にさせるのではなく、
モノを与えた人に、贈与って意味を教えるものだと思います。

A⇔Bではなく、
A⇒B⇒C⇒D というように贈与は循環するんです。


まとめ
『市場の規模がかつてなく大きくなり、もはや日本国内では欲しいものは何でも金で手に入れることが可能になった。
だからこそ市場の内部でしか生活できない人が出てくる。いわばそれは機械だ。
そんなの人間らしくないよ。
元々人って意外と非合理的な動物なんだ。
経済活動だけじゃない。
文化的・理性的な生活を送るのには市場の外での生活も必要なんだ・・・。』

以上、仮設です。

僕も、本好きの知人に本をあげたことは何度かあるんですが非常に気持ちいいんですね。
そういうモンだと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR