自由

人って自由なんですかね・・・

いきなり何言ってんだって言われるかもしれませんが、最近考えているテーマは自由についてです。

シンガポール旅行記でも自由って言葉は出てきました。(⇒クリック!



日本には選択の自由が保障されている、と。

そもそも人間はどこまで自由なんでしょうか?

この問いには、『社会が人をつくる』って以前の記事から出発してみたいと思います。

根本的に人間は受け身である。
裁量権も少ない。
っていった切り口でした。


裁量権は少ない。
人格は社会の外部構造によって形成されている。

これは本質的に自由とは言えないんじゃないですか?

少なくとも個人の自己形成過程において環境により決定付けられるならば、自由とはいえません。

「いかに自分が制約ある環境の中で生きているか」
「そしてその制約はどこにあるか」

この2点について強く意識していないとそれこそ環境に飲み込まれそうです。

でももし本当に人間が完璧に環境によって意思決定が決定付けられるならば、それこそ科学の出番だと思います。


どのような環境で、どのような社会制度の中で育つとどのような人格形成に至るか。
これはインプットとアウトプットの検証、それに他なりません。

しかしそのような機械的な認識は成功してないように見えます。
そこに非合理さ、人間らしさがあるのではないでしょうか?


そしてここで言いたいのは、『仕組み作り』です。
人は放っておいたら楽をする動物だと思います。

しかし資本主義の中でやっていくためには常に考えることも強制されます。

いかに生活の中にそのような仕組みを作るか。
自己投資出来る環境を作るか。

レッシング氏のアーキテクチャ論ではないですが、こういった自ら環境へ制約をかけることは非常に大切だと思います。

いつするか?
今でしょ!(死語?w)

それなら今出来る仕組みを考える。

僕も朝布団をたたむ癖をつけたら帰宅後、勉強机に座る癖が付きました。




人間は元来支配されている。

だからこそそれに抗い、自ら環境を支配する。

逆説的ですが、非常に重要だと思います。


以上、最近考えている仮説でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR