社会的動物

人間は社会的動物である、これはアリストテレスが言ったとされる言葉です。

どういう意味でしょうか?
僕は『社会的承認を欲する動物である』という意味で捉えています。

つまり、人との繋がりがなければ生きていきないってことです。

ボッチはイヤです。><
群れたがりです。それが人間です。


ここまでは若干認識のズレもあるかもしれませんが、一般論です。

そしてここから僕が思うことですが。

上記「人と人との繋がり」って部分は、決してリアルなもの≒物理的なものに限りません。


リアルなもの≒物理的なものとは何か?


例えば挨拶とか。

おはようございます、こんにちは。

どの言語にも挨拶の言葉というのは少なからず存在します。


人との繋がりを求めるために、長いスパンで良好な関係を築きあげるためにも、この挨拶というのはコミュニケーションの中でも非常に重要なものです。


チーッスwwwとかでもいいでしょう。


挨拶というのは、人と人との繋がりをよりよくするためにも、コミュニケーションするためにも、非常に重要な手段だと思います。


ここからが本題ですが、昨今「若者のコミュ力」不足が叫ばれてます。

挨拶が出来ない、返事が出来ない、etc・・・。

何故リアルの世界でのこういう能力が欠如しているのか僕は考えているんですが、やはり「バーチャルの世界」でのコミュニケーションである程度人と人との繋がりを確保できるからだ、と僕は思います。

若い人じゃなくても、SNSのどれか一つやってる人はほとんどでしょう。
そこでリアル友人や、ネット上の架空環境でのバーチャル友人と絡むことが出来る。

絡むって言葉もちょうどSNS台頭時期に流行りだした言葉ですね。(4,5年前。)

つまり「バーチャルの世界で絡むことに対する訓練は受けているが、リアルの世界で人をもてなす経験が少ない人が多くなった」ってことです。


新社会人等の飲み会嫌いも叩かれてますが、その理屈を応用させると、
「ただ飲み会が嫌い」というよりも「飲み会で上司をもてなすことが出来ない」人が多いと僕は思うんです。

そして僕はこれからの時代をこう考えます。


「SNSも進化し、ネットというインフラもさらに整備されていけば、人と人との繋がりがさらにネットというバーチャル環境の中で深いものになってくる。『飲みニケーション』的なスキルから『親指スキル』が求められる」
『親指スキル』・・・つまりケータイイジるスキルってことですw
(ガラケの時はこんなこと言われてたけど、スマホになってからは文字入力は親指使いませんねw)


以上僕の仮説です。
これで社会が良くなるとか、悪くなるとか言いたいんではないです。
ただ時代の要請かな、と。



facebookで他人の投稿にイイネ!を押すという「指一つでの人との繋がりの確認行為」をしてから寝るとしますw


おやすみなさい^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

現段階では『飲みニケーション』的スキルが衰退し、『親指スキル』にとって代わられている。これからはこの傾向が進んでいって、リアルな世界ではなく『親指スキル』が必要なバーチャルの世界の中で、人々の繋がりが深くなっていくということでしょうか?

No title

平たく言えばそういうことです^^

さすがです

流石は元SNSのプロwww
プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR