読書のすすめ

まずは知識の習得という観点から考えたい。
どうやって知識をつけていくべきか?

僕はこの答えとしては「読書」が優れていると思う。
ある人(著者)の集大成,何百時間もかけて作ったものが,100円単位で購入出来るし,環境が良ければ無料で借りることが出来るのだ。
最近はネット環境の良さもあり,ネットというインフラ上で「知識」を手に入れることも出来る。

しかし僕はあまりこれに依存すべきではないと思う。
理由としてはそのネット上の知識が断片的であるからである。
本の上では定義も「文脈」の構成要素の1つとして扱われる。
文脈の1つとして述べられるから,理解しやすく頭に入りやすい(→知っている人は知っていると思うが,エピソード記憶として位置付けられやすい)

つまり,ネット上の浅い文脈の上では,言葉を理解する上では本には必ず負ける。


また、読書といっても,僕が読むべき本は学術書・実用書等ノンフィクションだと思う。小説などフィクションよりかは,少なくともそちらを読むべきである。
その理由としては,思考過程を考えることからの帰結により導けられる。
ある物を生産するために考えるということは,創造力が必要である。クリエイティブな思考ともよく言われる。
ここで僕が重点を置くのは,思考の前提となる知識についてだ。

例えば現在の経済システムは欠陥がある!もっと良い制度を考えよう!
って時に,①そもそも経済システムとは?②どんな歴史があり③それぞれのメリットデメリット
など知らなければ,何も分からないだろう。

【思ひて学ばざれば則ち殆ふし】
ということわざもあるように,もし思考の前提となる知識・根幹の部分がしっかりしていないと間違った回答をうむ確率は高くなる。
例えば論理もそうだ。間違った前提からの帰結は,間違っている。


ノンフィクションを数多く読みこなす
これが僕がオススメする読書である。

また、さらに応用としては「筆者を相対化」出来れば素晴らしいと思う。

この筆者は思想はこっちよりで、こんなことを言っている。
この筆者は綺麗な文章は書くが、残念ながら論理に欠陥がありすぎる。

以上のように筆者を分野ごとに評価できれば、その分野をマクロ的な視点から見ることが出来ているからだ。

そのためには、とりあえず一つの分野と決めたなら10冊は手にとり読んでみよう。
すると大体同じことが述べられていることにも気づく。それがその分野の論理である。
こうやって社会の仕組みを理解していくものだと僕は思う。
縦じゃなく横のつながり。
これも意識すれば、自然と「学問横断的な思考力」がつくと僕は思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!
検索で見つけました!

確かに学術書やノンフィクションを読むことで物事を体型的に理解できるのは非常に大きいと思います。
目的としていること以外のことも知識として入っていきますしね。
私もかれこれ7000冊以上の本を今まで読んできましたが、そのおかげで世の中の動き、貴方の言う一般教養がほぼ手に取るように分かるようになりました。
付け加えることがあるとするなら偏った分野の本だけに固執しず様々な本を読むことが重要と言うことですね。広い視野を持つことでより楽しくなると思います。

ぜひ期待してますので今後も更新頑張ってください!
プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR