ソーシャル~繋がり~


以前のブログから今日はスタートします。

昔は大きな物語ってのがあったんですね。

こうやって社会人になって、こうやって大人になって、子ども産んで、35年ローンで家立てて、・・・。


それが今は崩れた、という内容の記事が↑の過去のエントリーです。

今日は、「ではどういう方向へいくのか」っていう考察をしたいと思います。

僕が思う重要なキーワードとしては「ソーシャル」
意味がわかりずらいっすね^^;


大きな物語=人々の行動様式の背景=社会を構成するマクロ的構造が崩壊すると、人はバラバラになると思います。
簡単に言うと組織の崩壊です。
終身雇用とかがなくなり、非正規社員が多くなった。
フリーターの数もどんどん増えてきている。
組織の一員として行動する機会は減少している。
人々は孤立する。

以上が大まかな流れですが、やっぱり人間って社会的な繋がり・欲求を求める動物です。
群がりたがります。

何とかして繋がりたい。

その結果がSNSなど、いわゆるソーシャルって部類にカテゴライズされるものの進歩・繁栄だと思います。


ネトゲとか2chもネットという架空空間で人を繋げるという意味ではソーシャルなのかもしれません。


ソーシャルを作る立場のひと達は、いかにその場を作るか、どうやって人と人を繋げるかをずっと考えてます。

facebookもtwitterもmixiもそうでしょう。

読書メーターもそうです。

ネットという架空のインフラの上での出逢い・・・。


それが盛んになると、一つのことが言えます。
それは表現力が重視されるってことです。
上司にゴマすりが上手い人が、ボディラングエージ的なのが上手い人が出世した時代もありました。

しかしこれからは文章の巧さです。

ネットの中でもやはり文章を使ってコミュニケーションするというのが1番多いパターンです。
(音声や、絵とかがコミュニケーションツールになってるSNSもありますが)

いかにうまく自分の気持ちを文章で表されるか。
少なくともソーシャルが進化すると仮定すると、根本的な言葉の技術が問われてくることは、間違いないです。

だからこそ、僕もそれを自覚して簡潔で論理的な文章を書けるように意識してアウトプットしようと思いました。


これからもよろしくお願いします^^v
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR