現代社会学に対する今の僕の認識

将来振り返ったとき,「アホだったな俺w」って言えるように,一旦ここで現代社会学に対する僕の認識を言葉で表してみようと思います。

社会学の重要な考え方の1つに,個人の主体性の裁量,ってものがあると思います。
どういうことか。
つまり人は意思決定を行い,様々な行動を起こしますが,それは「100%本人の決定によるか」。
或いは「社会の制度的な側面により,その意思決定は押しつけられたものか」。って論点です。

社会主義国家があるとします。
人々の格差は存在しません。
それだけ働いても給料は一緒です。
じゃぁサボろうって思いますよね。
社会主義という制度ゆえにサボるというインセンティブが働きます。

逆に資本主義国家ではこんな発想おきません。
弱肉強食の世界。
金のためなら何でもするぞ。
何でもする,つまりモラルが問われる事案が多くなる,っていうことです。

親子論に関しても言及できます。
幼い頃に親の愛情(≒ヘーゲル的な「承認」)を与えられずに育った子供は非行に走りやすい(という定義が真だとします)。
これも制度≒周りの環境に依存する場合です。
僕が不良なのは親のせいだ。
この論理にどう対応していくのでしょうか。

人々の行動も,このように周りの環境・制度によって決定されてるっていっても言い過ぎじゃないと思うんです。


そして,上記の「このように周りの環境・制度によって決定されてる」ってことを,思想家,哲学者は「大きな物語」と呼びました。

大きな物語・・・東浩紀さんも,よく使うフレーズです。



結論です。
今現代では徐々にこの大きな物語(≒人の行動の背景にあるバックボーン)というソフトウェアが解体されつつある。
資本主義という差異化によって。



まだ不完全な論理ですし,あくまで現時点での発展途上仮設です。


それゆえにより抽象的な表現しかできません。


ではこれからどうなっていくのか。
「行動の理由」がなくなります。
動機の軽薄化,と宮台さんは呼んでいます。

何故こんな犯罪を少年がおかしたのか。
理由なんてない(バックボーンがないから)。
そんな時代の到来です。


よく読みながら解釈が間違ってる気もしてきましたw

思想論って難しいけどおもしろいですね。
精進精進・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR