トレードオフ

ブログを書く上でのトレードオフ(?)を発見しました。

ある程度のテーマは決まっている。それについて書きたい。
しかし「ある程度」しか決まっていないので、掘り下げて書くことはできない。
内容も自信を持って良いもの、といえるものは「ある程度」の理解では書けない。

そうです。
量をこなすってことは質をおろそかにしやすいってことです。
最初の方に書いたブログは、ぶっちゃけ自信ある内容のものばっかです。
ずっとため込んでたもの・・・懸念したてものを吐き出した感じですから。

だからこそ新しく書く記事では、昔のより優れている内容という保証することはできません。
勿論今PCの前で腕組みして考えながら書いています。
ただ常に過去より質的に良いものを提供するのって無理ですよね。
たまには曖昧な論理構成であったり、内容が一貫していなかったりと、することもあると思うんです。



例えば著名な学者がいます。よくTVに出る人。
この人はどういう考えを持って、どういう思想をしているのかなーって思っても、なかなか分かりにくいことありません?
その人のWikipediaを見ても、長々とややこしい話ばっか・・・><
twitterとか見ても、時事テーマに対しての言及。

そんなのいいから、この人の「ポジション」を知りたいって思う時が僕はよくあるんです。

僕のここまでのブログは、主にこの「ポジション」を決めるものだったんです(自負w)。
「一般教養」と「論理的思考」で、モノゴトを多角的に見ようっていうポジションです。
また、他者の論理を受け入れよう、社会は複雑で一辺倒に解決できない問題があるんだよ、ってことも言ってきました。



たまに読み返しますが、ポジション把握という点では比較的わかりやすいと思います←


これが、時事的テーマにとっつくと分かりにくくなるんです。
「そもそもあなたの専門何なの?どの立場からどの点を捉えて昨今の問題に言及してんの?」
ってことを僕はネットで何度も思ったことあります。


僕は時事的テーマに触れません。
新しいタイプの居酒屋ではなく(笑笑)、新しいタイプのブログにして行こうと思います。

自分の考えを言葉ではっきりと表現できるようになってからですね。
それまでは知識のインプットの継続。
頑張りまーす!


ps バレンタインのチョコは今年は1個でしたww
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR