文化資本

文化資本って言葉ご存じすかね?
僕が今注目してる概念です。内田樹さんの影響です、主に。

要はこの概念を通して何が言いたいかというと、低俗民は低俗なまま一生が終わるってことです。
僕が考えた・・・というより、文化資本の階層化とかいった考え方が、さっきの発言そのものを表しています。
低俗な、思考レベルの低い人達は考えるということをしません。
学ぼうということもしません。
こんなブログなんか見てないので僕も安心してメチャクチャ言ってます。

仕事終わらせて酒のみながらプロ野球見て。
女と酒とギャンブルで散財。

僕も勿論身近にこんな人もいます。
本人は楽しければいいんだよーって感じで遊んでるんでしょう。

僕も、それは本人が選んだ結果なので否定はしてません。
楽しければいいんだと思います、本当に。


ただ、そこに「文化 教養」という言葉が入り込む余地はありませんね。
そのような言葉を知らずに生活している・・・僕は可哀想だとは思います。

これが文化資本の階層化です。
各階層の壁はけっこう明確です。

生活習慣見ればわかります。
何に時間、お金を使っているか。


そして階層の中で人々は生活しています。
毎日勉強してる人と毎日飲んでばっかの人が話あうわけありません。


ここからです。
僕が考えてるのはいかに「階層上底辺にいる人々に幅広く深い教養を与えれるか」ってことです。
階層化の消滅です。

失礼な言い方かもしれないですが、「合理的な判断が出来ない人々」と一緒に社会で生活するということは、少なくとも「合理的な判断が出来る人々」からしたらリスクそのものなんです。
まぁ考えてみればわかるでしょう。


もっと違った言い方をしてみましょう。
端的に・・・バカを減らすことです。
民主主義という制度上でも重要な問題であり、思考停止してる人って意外と多いと思います。
しかし選挙権は与えられている・・・。
これも合理的な判断が出来る人からすればリスクそのものですよね。


こんなことを、アルジェリアで日本人7人死んだって記事を見て思いました。

何故ふつうに生活できないのか?
リスクを負うってどういうこと?
簡単に人を殺すバカはなくならないの?

海外派遣で殺されて・・・不合理すぎる一生でしょう。

安心できる生活って海外にはないんでしょうか。
日本にはあるんでしょうか。
そもそも全世界の人々が合理的な判断をすれば殺人なんてしないですよね。

まぁこの合理的な判断の基になるのが一般教養なんですけど。
いかに無教養の人たちをなくすか・・・教育って言葉で完結できちゃうの?
って考えてます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR