FC2ブログ

日程公表

令和2年度 司法試験予備試験 実施日程が公表されました。
短答は8月16日(お盆!)。
まずは司法試験関係者の方のお盆がなくなってしまったことを残念に思います。
問題配布してくれる監督員も、実家でのくつろぎを犠牲にして出勤してくれています。
受けることができるのも当たり前じゃない、そう思いたいです。

で、日程出たので後はスケジュールを練り直していく必要があります。
8月16日まであと3か月。
論文は、現段階として10月頃。
口述は、来年1,2月。

スケジュールを考える判断材料はこんな感じです。
①現段階で口述対策を考える必要は無し
論文の採点には非常に時間がかかることが予想されるため、論文の実施時期が早まるとしても、論文―口述の期間は3,4か月は必要でしょう。実施時期が変更されるにしても、論文直後に口述は考えにくい。
論文終了後からでも間に合うはず。なので口述は、今のところ考えません。

②短答の合格ラインが高くなる
司法試験委員会の公表した日程によると、通常の実施時期が丸まる後ろにズレたものです。
つまり、受験の時期まで時間がある分、相対的に得点数は高くなるはずです。

過去のデータから、必要得点割合は60%とされてきたところでした。
今年については、試験問題の難易度が変わらずという前提なら、まず間違いなくこの必要得点割合は、上昇します。
そしてこの延期という事情により試験問題を変更しにいくということは考えにくい、そう考えれば、前提はこのままであるように思います。

結局、毎年と同じように得点割合60%、得点にして162点を目標にすれば、不合格になります。
一般教養対策までするべきではないか、一瞬考えましたが、それはやめました。
法律科目で全科目8割目指せばいいだけだ。
論文・司法試験との相乗効果を考えて、法律科目のみで短答合格します。

そして勉強時間が確保されることにより、論文の合格ラインも高くなることは予想されます。
直接の影響を受けるのは、短答でしょうが。

③ロー生は、ヤバい。
今から3か月、時間がたっぷりあるロー生が鬼のような追い込みをしてきます。
はっきり言って、今年の事情で言えば、ロー生の合格率が跳ね上がることは間違いないでしょう。

なぜなら、可処分時間が違いすぎる。
これはどうにでも出来ませんが、伸びた分、みんな等しく時間が与えられることにはなりません。

1日延期すれば、ロー生なら丸一日分、社会人なら勤務時間を除いた(多くて)2,3時間分が付与されることになります。
これは、まずいですね。


短答・論文同時開催により、爆発力が放散されて中途半端な状態で試験に挑むロー生なら、戦えるかもと、正直に思っていました。勝てるつもりでした。

ただ、丸まる後ろにずれただけでは、かないません。
与えられた環境で、やるだけです。


④今の自分の状態から逆算
短答対策は、商法除いてとリあえず終わりました。
商法はやるのが嫌で嫌で、結局まだやっていませんw

論文対策としては、コンプリート論文を視聴、直前答練・全国公開模試が残っています。
そのあとは、ひたすら繰り返すのみでしょう。

IMG_7364.jpg

伊藤塾 短答模試の結果とにらみ合いをしました。
生まれて初めてといっていいほど、模試の平均点を自分の得点が超えていたので少し混乱しましたが、短答合格者の平均には、だいぶ届かずです。
(自分も短答合格者ではありますが、、、)



う~ん。。。。
迷いに迷って、重要戦略なので思考過程は省きますが、7月1日から原則短答対策、それまで論文。
このシナリオです。

決めました。
基本的に試験1か月前(7月16日あたり)から短答対策って人がほとんどだと思いますが、前倒ししました。

原則ってのも、程よい例外を見極めつつ、これでいきたいと思います。

試験がいつどこであろうと、やるべきことをやるだけです。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験予備試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR