FC2ブログ

科学が支配する世界

プロ野球を見ていました。

上林のライトスタンドへ大飛球。
判定は、ポールの外。
特大ファール。
審判団が再度ビデオを確認し、「目視」により判断した結果です。

30年後(←だいたい)の野球は、変わっていると思います。
アウトの判定、セーフの判定はもちろんのこと、ストライクボールの判定からインフィールドフライの判定まで、コンピューターで行っている近未来を想像しています。

選手はスパイク・グローブにミクロのセンサー内蔵ICチップをセットし、どのボールにも同じくその処置が施されています。

勿論、各ベースにも。
内蔵されたセンサーにより、打者の一塁到達と野手からの送球到達の早さは容易に比較できます。
打者の背、ホームベースからの立ち位置でストライクゾーンが決まり、そこに投げられたセンサー内蔵のボールがバーチャル世界の中で軌道を描きミットまでおさまり機械的にストライクボールの判定がなされます。


こんな世界、イメージできませんか。
面白くないですか。
それとも、ある意味公平なので大賛成ですか。

それとも、そんなのありえないって思いますか。

これは僕が想像する近未来です。

サッカーやバレーでも既に始まってますよね。
ゴールしてるかどうか、コートに入っているかどうか。
コンピュータにより判定され、それにただ従う。

いわゆる人為的な要素を極力なくし、機械的に算出された”解”がすべての世界。

個人的には、野球の領域でも、できるできないの話はクリアしてて、どこまで本気で、いつからやるかって次元まで来てる話だと思います。
ビデオ判定も導入され、過去の映像を目視し検証する方法がとられました。
しかしまだ目視の段階です。ビデオという機械は使いながら、人が判断しています。

『ジャッジするのは人がやるのが一番だ』って意見はもっともです。
「神の手ゴール」的な間違いもあるし、そこがまたロマンだ、っていう意見もあるでしょう。

ただ、オートメーションってのはやっぱり時代の要請で、コンピュータがジャッジするってのがいつかは来るもんだと個人的には思います。

だって、『コンピュータのジャッジに対する不満』って、ないですよね。
あぁ。やっぱりファールか。コンピュータがそう言っているのなら仕方ないや。
で終わりますよね。

どういう理屈でどんな計算をしてその結果が出たのか、気にしません。
結果が出たなら、それを信じる。
あえて言うと 神 みたいなものですよね。
根拠なき信頼。

それで公平にジャッジできるのなら、誰も不満に思いません。
審判のせいで負けた、なんて誰もいうことはなくなります。

決して遠くない未来にこのようになっているんじゃないでしょうか。
私見ですが。



さらにその先の未来も想像してみると、個人的に進歩・発展する余地があると思う領域は
「遺伝子」です。
どこぞのアニメではありませんが、かつもちろん生物学的な問題も抱えているのは承知していますが、そして道徳的にこんな発言が許されるのかは深く考えずにいいますが、
危険な遺伝子
ってのは存在を証明することが可能ではないでしょうか。

・20人殺害の容疑がかかっている元看護師
「自分が勤務のときに亡くなると、家族への説明が面倒だった」

・祖父母殺傷の中3少年
「迷惑を掛けないように、自分の家族を先に殺そうと思った」


こんなWeb記事もありますが、あえて無教養な言葉使うと「そんな考えはふつうしないだろ」って人たち。

アドレナリンの分泌により興奮が導かれるように、
特定の神経物質の量と人間の身体的な症状との関連性が判明してきている以上、
特定の神経物質の量と人間の特定の思考経路の関連性もわかってくるんじゃありませんか。


もっと端的にいうと、俗にいうサイコパスって人たちは、特殊な思考経路がある前提として、特殊な遺伝子を持っているのはないか。


それが判明したとして、だから彼(彼女)は危険だ、なんて言いたいのではありません。
それが判明したとして、どんな一番いい社会参加の在り方があるのか、それを十分に議論できるだけの土台が必要です。


今日の結論:
「プレ 科学が支配する世界」で生きていく上で考えないといけないのは、技術的には可能だが、あえてそれをしない選択を選ぶ、戦略的不作為


人類の発展・人々の幸福・科学技術の進歩。
抽象的で難しいテーマですが、自分の頭で考えて生き抜こうと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR