FC2ブログ

”日本を腐らせてきた”会社

ドラマ”ハゲタカ”を見ました。
全部見ました。

とっても面白かったです。
この中でよく出てきたフレーズ”日本を腐らせてきた”。
印象的でした。

ドラマのような、旧体質にとらわれ、社会の情勢に対応できず、トップダウンで腐敗する会社。
そんな会社ってそんなにあるものか。。
自分なりに考えてみました。

結果、その分岐点は「責任」にあると思います。
社会的責任。組織としての責任。
自分が求められているモノ。
『社会の要請』を理解し、そえに答えようとする姿勢。

私個人も、比較的大きな組織で5年以上働いてきました。
そして、組織としての在り方、および個人としてどうやって仕事に向かっていくか。
考えさせられました。

でいろいろ実感したり、考えてみたりしたんですが、結局大きな組織も人が作るものなんです。
人。
そこからスタートして、結局そこで終わる。
例えばビジネスをするとして、いかに売り上げを伸ばせるような仕組みを作ろうと、その仕組み以上に、人・個人の影響は凌駕します。
仕組みを作るのも人だし、崩壊させるのも人だし、仕組みの中で逆走するのもまた人だし。

だから言いたいことは、どんなに”利益が出る環境”だろうと、結局は人・従業員個人にかかっているわけで、仕組み作りに奔走したところであんまり意味がないわけです。

人がしっかりしている組織。
自分に今求められているものは何か。
社会的要請はどのようなものか。

個人的な「責任感」からそういった思考はスタートし、ベストパフォーマンスを生み出す。

この過程こそが、非常に優れた組織の特徴にあると思います。

思考って、凄い疲れるし、積極的にしたくはありませんよね。
一番疲れる行為じゃありませんか?

思考を誘発する環境が、たぶん人間にとって最良の環境です。



逆に言うと、社会的な要請に、何も答えられず、旧体質をひきずって思考停止に陥っている会社。
それが、ドラマでいう”日本を腐らせてきた”会社になるんじゃないでしょうか。


人が作っている組織。
ちゃんと個人が考えて行動していますか。


責任感って単語でまとめようとしましたが、「人の思考を誘発するもの」ってとっても難しいですよね。
この装置の源、もっといい単語で表すこともできそうです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR