FC2ブログ

学問とは

学問とは、
想像、共感、承認。
その過程だ。


っていうのをいきなり考え出したりしました。
いきなりすぎる感はありますがw

歩いてて、大学4年間って何を学んだんだろうって考え始めて。
そもそも学問って何だろうって考え始めて。
そんな表現にたどり着きました。


個人的に凄い違和感があるのは、大学で学問を学ぶのを、
自分の社会での市場価値を高める”手段”として捉えている風潮。
どの学部が”就活に有利ですか” ”稼げますか” ”役に立ちますか”
なんて質問。

学問とは、そんな小手先のテクニックで身につくものではないですよね。

僕自身は経済学部でしたが、大学4年生は公務員試験そっちのけで、経済学部を勉強しました。
とても楽しかったです。
朝から晩まで図書館でいて、誰よりも本を読んでる自信がありました。

学べば学ぶほど学問って何だろうって問いに対する答えがわからなくなって、それを探すのが学問だなんて自分の中で定義してみたり、もがいていたのを覚えています。
勿論、今もまだもがいていますが。

もう一度、冒頭のフレーズを。

学問とは、
想像、共感、承認。
その過程だ。

これは、今の僕の仮設です。
ただ一つ分かったのは、学問とは知って身につく知識ではなく、
「態度」であるように思います。


他者を知り、自分を知り、コトバを知り、思考を知り、生きざまを知る。

未知の何かに接したときに、いかなる態度をとるか。
観察し相手の言い分を把握する。
相手の思考の出発点を知る。
妥協点を探る。

この流れこそが、
想像、共感、承認。
その過程 であるように思います。


特に昨今ネットでの言論は表現の自由ということで激しい意見の対立も目立ちますが、
以上僕が語った文脈の中では、
学問的に未熟な人=教養がない人=”自分の意見しか言わない人、他人へ耳を傾けない人”になります。


社会に不満があるからという理由で、人を刺す人がいる。
子供に暴行をする親がいる。
宗教上の対立で、殺し合いをしている人がいる。

この事実を聞いて、思考は行われていますか。

「あー怖いね」「そんな人いるんだね」で終わる話では無いと思います。

こんな部分で真剣に、少し時間を使って自分の頭で考えてみる。
それが、僕が目指す大人の像です。

かっこいいコトバを最後に。
cool head but warm heart


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR