FC2ブログ

考えること、知ること

考えるってことは0から1というように、無から何から創りだし思い付くものではなく、
1+1で2を作ってたまに掛けたり既存のソースをつなぎ合わせるもの。って表現になるんですかね。

っていきなり何言うんだろう。
いや、少なくない本を読んでいますが、”ひらめく方法”的な自己啓発本や、何よりも個人的に思うのは現代の教育で”思考”って、文頭に紹介した最初の意味で使われていませんか。

誰しもができないことを求められるのは嫌います。
ましてや「ユリーカ!」的な閃く瞬間ってのは日常でまず無くて、それを強いられるような勉強の仕方は嫌になって当然でしょう。

日本の学生って「考える力」が足りないとたまに耳にします。
自分の頭で考える力。
暗記をメインにした記憶中心型で勉強しているので、自分の言葉で表す技術がない・・・というような文脈で批判されます。

その批判に対しては僕はまだコメントすることができませんが(研究不足です)、
独創性ってものに嫌悪感を感じている学生も多いと思います。

そんなん、思いつかないわ!って。。(僕がそうでした)


対処法、ではないかもしれませんが、
”考える””思考”って言葉自体をうまく使い分ける必要があると思います。

言葉を使って人は考える。
人は動く。
どの言葉を選ぶか、その言葉を出発点として思考の領域が変わり、全く別の解釈をすることが出来る。

以前こんな記事を書きました。→「政治について考えてみる」
政治を市民社会って言い換えてみよう的な、いかにも小手先な提案(!?)をしたんですが、
抵抗のある言葉をそのまま放置していればそこの距離は縮まらず、違う捉え方をする必要はあると思います。

「君たちはただ知るだけでいいんだ。世の中の理屈を。それを繋ぐときに、閃きが産まれる」って言われたらどんなに楽でしょうか。

よく知識と思考は対局に語られます。
ただ、事実という意味での知識は、思考の前提となっているものであり、僕は手段になっているとも思えます。

こういう意味で思考ってのは
知識の整理
って言えるんじゃないでしょうか。


創りだすって行為への抵抗感。
それは、何も天才的な閃きをしろってのじゃない。
A→Bを知っていて、C→Dを知っていて、
AとCの因果関係(相関関係)が分かったときに関連付けて理解する一種の論理的思考である、そう言えると思います。


多分、思ってる以上に”考えること”への抵抗感を持っている学生って多いと思うんですよね。

まずは声を大にして言いたい。
自己啓発本を捨てて、学問を学びましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR