”空気”を読んで死んでいく

すいません、ちょっと過激なタイトルになりましたが・・・
今日伝えたいことはそのままで、”空気”を読み続けて死んでいく、そんな人生送りたくないってことです。



そもそも”空気”を読むって何でしょうか。
いい意味で場の雰囲気にあわせる。

悪い意味で自分を殺して流れに身を任すって作業のことだと思います。


社会人になって、組織の一員として5年ほど働いてきましたが、自分の性格として一つ気づいたことがあります。
「群れるのがイヤ」。そういうことです。

純粋に皆と同じ事をするのが嫌ではなくて、「結局生きていくのって独りだろ」って思うわけです。
皮肉とかじゃなくて、本当に仲の良い友人って言える人はいます。

今でも帰省すると必ず会う人。
距離がある中でたまに会いたくなる人。

通じるものがある人ってのは、やっぱり友人であるための条件だと思うんです。

逆に言うと何も通じるものがなければ友人にならない。
当たり前のこの理屈。

深く考えれば、そもそも”通じるもの”って何だろうって根本的な問を考えなくてはなりません。

僕が今日言いたいのはそういうことでなく、
また話もガラっと変わるかもしれませんが、

本当に楽しそうに生きてる人って、
成功している人ってのはある意味で「わが道」を歩いていて
群れるというより人物が集まってくるだけで、
この意味で個性豊かな人物像を想像してしまいます。


さらにはっきり言うと「普通の国家公務員」で生きて死んでいく人生は全く考えていません。
とりあえずなってみた。
でもあわないかも。
だから転職する。
簡単な理屈で司法試験を勉強している僕がいます。


同じ元国家公務員(同期)でありながら現役YouTuberの彼の更新を見ながら、
ふと「普通に生きるってなんだろう」「空気を読んで環境に身をうずめ続けるのって正解か」など、
色んな事を考えたりしました。


これだけは僕自身の個性です。

普通じゃイヤだ。


最低限Wikipediaにのらないとなぁなんて考えながら寝床につく者が普通の人生送ってて満足するわけないです。



幸運にも日本は資本主義。
頑張れば富を得れる。(まずそこ?w)

っていう冗談は置いといて、
やれば勝てる。
その舞台は整っています。



僕自身がこんな考え方だからこそ、
「変わった人」ってのを全力で応援したいのです。

”変わった” 普通、否定的にとらえられるこのニュアンス、
僕は社会を変えるのはいわゆる”変わった人”でしかありえないと思っています。


あいつ頭おかしいやろ、
それを誉め言葉にステップアップできる。
いい意味で学習→思考→評価 この循環で自分を高めれる人。


一番強いのは空気を読んだ上でぶち壊して、新しい空気を作る人ですよね。


普通じゃだめ、考えろ。

これが言いたかった一日でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR