ビジョン、価値観、政治

選挙が始まります。
政治の話を深くするつもりはありません。

ただ今日は一つ。
皆さんは「どの基準で」票を入れる政党を決めますか。

それを決める過程で、一番理想的な形。
「今の日本にはどんな問題があって何を優先して解決していかないといけないから
その課題を優先的に取り組んでいるこの政策をしようとしているこの政党(人物)を私は選ぶ」

どれだけ、こういった意思決定をしているでしょうか。

そんな人はおそらく少数とまでは言いませんが、多くはないでしょうか。

メディア、SNS、新聞、色んな媒介を通して『空気』ってのが流れています。
国民はその空気に敏感に反応しながら、”世論”を感じ取り自分の選択をしている。
こんな流れになっているのではないでしょうか。

つまり、政治の世界ってのは国民の論理的な判断の結集によるその意味での「論理的な民意」ではなく、
時には直感、時には空気、何かわからないけれども「この政党にいれるべきだ」。
そんな”流れ”で政党を選んでいる人は、少なくないはずです。

カリスマとは、このような国民の流れる”空気”を敏感にキャッチするスキルがとても高い。
分かりやすくイメージしやすいキャッチフレーズ。
ある意味「ビジョン」を描かせたもの勝ちなのではないでしょうか。

特に日本のような「忖度」文化があるような国では、マイノリティは圧倒的に不利です。
しかし逆に言うと、そのマイノリティの勢いが「閾値」を超えた途端に世論はひっくり返り、圧倒的多数になる可能性もある。
ここに特殊な国民性を見出すことも可能だと思います。


ここまでの言い方はまるで「国民(有権者)は何も考えていない。バカだ」みたいな感じになってしまっているので弁解します。
もちろん確固たる自分の「価値観」をもってどの政党に票をいれるか選ぶ人ももちろんたくさんいます。

ある意味で絶対的な指標。
そこに理屈はなく”思想の違い”で政党を選ぶ人もいます。


・・
グダグダとなってしまいましたが、言いたかったことは一つ。
個人の論理的な判断は、直感的な判断・ビジョン・絶対的な価値観には劣る。
左脳でじっくり考えるより、右脳でパっと選んだものを最後には選ぶ。

「なんとなく」「なんだか」っていう意思が一番強い。

っていう仮説をいつかまた検証したいな、とか思いながら今日の記事を書きました。

昔もそれらしきことを書いたことがありますが、ロマンは論理に勝つ。
ビジョンあって、理屈は後付け。
そのほうが、人生も面白い気がしますね♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR