考える事、生き抜くこと

同じような日々を送っていく中で一番困難なのがふと立ち止まって自分を見つめなおすこと。
時間をかけて考えること。
そして逆に、静かな空間で頭をカラッポにすることだと思います。

多分そうでもしない限り気が付けば30歳、40歳、、、定年ってなっちゃうんじゃないですか。

そもそも「物思いにふける時間・場所」ってのが日本では少なすぎる気がします。
唯一の憩いの場(?)って言ったらあれですが、独りになれるのは通勤時間。
ずっとスマホを見て時間をつぶす。

それが当たり前の生活スタイルになっています。

でも意識して考えるってのは難しいんですよね。
このブログでも何度も言っていますが、やっぱり思考は止まっちゃったらそれである意味「ストップ」だと思います。
思考の継続。
これが、僕が日頃生活する中で一番意識していることです。

そして考えたんですが、結局”思考”を継続するために必要なものは 問題意識 じゃないでしょうか。
何かが引っかかるから違和感を持つ。
その違和感を言葉にする。
言葉にした瞬間、仮説が生まれる。

そうすると重要なのはその違和感の言葉への変換。言語化。

これがある意味で思考の出発点であるし、逆にゴールでもあるような気がしてきます。
つまり、考えるということが出来た、それはある意味目標達成しているということではないでしょうか。


ふとした違和感を脳にストックさせる。
そして少しづつ言葉を覚えて世界が拡がり考える領域が増えて、
その違和感が仮説に変わる。

その流れが「創作」であると僕は思います。
0から1を作る、というよりも数ある1未満の要素を足しあわせて1を思いつく


違和感を言葉にする。
そのアウトプットは日ごろから意識しないととてもできません。

今日も世界は平和ですか。
日本の未来ってどうなんでしょう。
自分の生活に満足していますか。

身の回りの環境でも「思考の範囲」ってのは変わってくると思いますが、
それが完全に自分内部での思考にならないように気を付けないといけません。

出来ることをやって社会に還元する。

難しいですね。
ただ僕はやり遂げたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR