「クレーム」 の本質

僕がこの世で一番といっても過言じゃないくらい嫌いなもの。
それは車のクラクションです。

あれほど日常生活で不快な音はないですよね・・・。
音自体が、っていうよりも、「他人と他人との不満・怒りなどの感情を、第三者である自分に対してまで拡張させて伝えてくる」
その行為が気にくわないんですよね。。。

自分で言うのもあれですが僕は特に社会の平穏・世界の平和を願ってて(!?)
せめて自分の周囲はそうあってほしい(自己中心的)、
半径10mの皆さんはいいことあってほしい的な気持ちで動いているという自負自覚はあるのですが←
それを一瞬にして壊すのが車のクラクションですよね。

「二者間の負の感情を拡散させるな、いい迷惑だ」
っていうのが心底思う気持ちです。やっぱり関係ない他人である僕も、すぐそこで怒りあっている両者がいると思えば
楽しくいれるわけがないんですよね。

本気で危ないときに鳴らすのは仕方ないとして、注意喚起レベルで簡単に鳴らすドライバーは僕は嫌いです。
車自体が好きではないのも、そんな背景もある気がします。


・・・っていう長い長い前置きをして、僕が今日言いたいのは「クレームの本質」について。

例えばクラクション鳴らす行為。
これって一種のクレームですよね。

そもそもクレームとは、とか定義考え始めるとめんどくさいんで、単に「他人への不満を公表すること・伝えること」的な意味合いで解釈しときます。

広い意味で言ったらクラクション鳴らすのもクレーム。
今日の言いたいこと。
クレームの本質。
それは「責任感」だと僕は思います。


責任感、って簡単に言っちゃいましたけど、要は「(不特定多数の誰かに代わって)代表して、みんなのために言わなきゃならないことを言おう」っていう考えです。


そうなんですよね。
多分、電車遅延により駅の職員に汚いコトバ使っちゃう人も、受けたサービスに対し文句言う人も、送られれきた製品・商品に対し不満を言う人も、悪い意味でクレームを言ってる人(クレーマー)ってのは、「他人のためでもあると信じて、代表して行っている」と僕は思います。


僕も社会人5年位やっているんで、例えばレストランとかでも金払ってサービス受けているのにそれが全然ダメだったり、
全く客のこと考えていないような接客されたりすると、はっきり言って腹立ちます。そして僕はまだまだ未熟なので態度に出てりします。でもそれって自分のことだけ考えているんだけじゃなくて、「金払ってサービス受けているんだからそれはないよね」っていうある意味、社会的評価のもと判断してるような気がするんです。


クラクション鳴らす行為ってのもそうじゃないですか。
邪魔だどけ。
そんなことを言いたいがために鳴らしてるのではなく、「公道を走る運転手としてドライバー全員のためにも守ってもらわないといけないマナーがあって、それを君はできていないね」ということを伝えるためのクラクション。

代表して注意してます

って感覚。
どのクレームについてもこんなことは言えるんじゃないでしょうか。

そうすると結局クレームってのも、他者からの承認欲求を満たすという原理的な人間の性質のもと、生じていると思えてきます。


ネットが栄え、消費者の力が強くなったこのご時世で、クレーマーについて考えてみました。

誰しも”必死に仕事してる”なら、深く考えずに仕事をこなす人たちに不満を感じることは多々あるでしょう。
ただ誰しもが”必死に仕事する”義務はなく、自分のペースでゆっくり動いている人もいるんですね。
自分の価値観がすべてではない。
多様性を肯定するためにも、
皆で生きやすい社会を作っていくためにも、
自分への戒めとしても、
今日のブログを書きました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR