何ができるか

学生が終わると、一般的にみんな社会人になります。
社会人というのは、今まで教育を受けてきた結果として「生産者」の立場にたつこと。
そういう言い方ができると思います。

そして、生産者として働いていくうえで、「何ができるのか」っていう視点が重要になってきます。

3つの視点。
「組織(会社)の中で何ができるか」
「組織(会社)は社会に対し何ができるか」
「個人として社会に対し何ができるか」
似たような考え方ですが、
特に3つ目は深く考えると全然違います。

属する組織(会社)を経由せずに、
直接社会に対して何ができるかを考えるものです。

一番わかりやすいのはボランティアとかですかね。
無償での労力の提供。
自分の時間の贈与。

自分が社会に対して役立っていると実感できる瞬間だと思います。



それに対し1つ目ははっきり言うと「井の中の蛙」的な視点です。
もちろん会社の中で自分の地位を高めるために、出世するために
仕事するってのは大事なことだと思います。

ただ、はっきり僕が否定したのは終身雇用・年功序列なんて仕組みは
これからどんどん柔軟に運用されるようになってくから。
簡単にいうとなくなっちゃうってことです。
いろんな企業を見てるとよくわかりますよね。

国際的に競争しようとすると、必然と雇用ってのも流動的になっていくものだと僕は思います。
最終的に力のある企業には、価値を高めない人材はいません。

ってこういうことを今日言おうとしているのではなく、
言いたかったのは

いつかは
”会社”の働き方も変わってくるので、
「組織(会社)の中で何ができるか」
って視点よりも常に
「組織(会社)は社会に対し何ができるか」
ってのは意識して
結局それってのは
「個人として社会に対し何ができるか」
を意識することに他ならない。




ってこんな事を書きながら
思いついたんですが、以前こんな記事を書きました

個人の責任感、主体性について。
今でも、これから
社会を支えていくのはこの2つになると思っています。


思いついたことってのは、
「そもそも社会を変えられる」ってことに気付いていない人が多いじゃないか?ってことです。



いや、無理なことは誰もしようとしません。
よってそんなこと考えやしません。

社会って僕たちでよくするんですか?
誰かがしてくれるんですか?

今まで変えてきた人って、”個人”ですよね。
つまり誰でも変えれる、よくすることができるんです。




最後に・・・
ここまで語ってきた文脈で理解できると思いますが
僕がメディアとかがたまにする嫌いな質問(インタビュー)があります。
【あなたはこの先社会がよくなると思いますか?】

なんだその他人事w
って思いません?


もがきながらあがきながら
みんな生きてる。
必死なだけにたまに誰かを傷つける。
それを許せるくらいに肩の力を抜いて。
お互いを認め合うことができる。

それは皆で作っていくことです。
僕もそれができると信じています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR