仕事の種類

人にはパロメーターがあると思います。

いきなりですが、このブログのカテゴリ「思考」が途切れた時は僕のピンチですw
説明は省略しますが、調子いいときはちゃんと自分の頭で考えた結果「思考」分野にエントリーされます。

って
いきなり何かと思いますが、今回の記事は自分の頭で考え抜いたコト。
そう言えるからあたまからこんな文脈で切り出しちゃったわけです。







まず結論からいうと、
人の”働き方”には2種類あります。

それは一つの「完璧」を時間かけて完成する人と、
70%の出来のものをそれより早く出してくる人、です。



僕も国会公務員でかれこれ5年弱働きながら
そして民間企業の方たちともそれなりに知り合いながら
そしてそれなりの本を読んでの感想ですが、




人間には
一つの「完璧」を時間かけて完成させる人と、
70%の出来のものをそれより早く完成させる人の二種類がいる。


そして、いわゆる”マーケット向き”の人は後者でいわば「とりあえず出す人」であり、
”公務員向き”の人は前者でいわば「間違いないものを完璧にして出す人」に該当します。




ここまでいうのも、どうしても”確実に””正確に”仕事をするのなんて無理じゃないか、っていう仮説を考えることがありました。
そして、思考回路をたどって考えてみた結果、
色んなまわりの人を見てみても上記2種類の人間いかいないことに気付きました。


ここで言えるのは
『評価対象の評価方法』つまりはYES or NOが明確に決まっているときは、
正解を出したうえでのアンサーでいい。
しかし市場競争のように何が答えか出したみなきゃわからないときは

『とりあえず出してみる』
そのスタンスが優れている。




そして何よりも大事なのは、
【終局的には評価するのは”市場そのもの”であり経営陣でもなく利害関係者”でもなく
そして”自分”でもない】
ってことに気付いて

そしてそれが
「仕事の種類」に対する考え方だということを
理解・把握することだと思います。







何が大切なのかよくわからないこの時代。
自分の”信念””考え方”ってのはずっと
大切にしなければなりません。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR