学問 ― 利他的

久しぶりに、ずっと使っていないカテゴリ「学問」で一つ考察を。
良い感じのほろ酔いになったんでw

「学問は人の他己的な性質を前提にしている。」

このテーゼは是か非か。

少なくとも、学問を学ぶってのは教養を身につけることであり、
より自分の考えを強くもつことであり、そして多様性を理解することであると思います。

この学問を学ぶってのは、例えば資格試験を勉強するって意味の学ぶとは、
少し性格を異にするものと思います。

つまり、端的に「利己的か」「利他的か」。

資格試験のための勉強ってのは、どうしても自分の「市場価値を高めるため」の勉強であり、
就職するための勉強であり、
さらにいうと、ちまたで売っているビジネス本の類もその意味で「利己的」ジャンルになるわけです。



それに対し、学問を学ぶモチベーションってのはどこからくるのでしょうか。
単なる知的好奇心。
『自分の身につくかよくわかんないけど、それだけに興味が出てくるこの欲求』。
哲学なんて、まずそれを勉強したところでどれだけの享受を受けられるか全く不明ですよね。

フィードバックが未知だが、モチベーションは保てる。

本来、人間ってそういう生き物でもあると思うですよね。
よくわからないけど、自分じゃない誰かの役にたつかもしれない。

学問を学ぶって、性質的に利他的な要素はたくさんあると思います。

ただ、それだけでこの対比は終わらすことはできないと思います。

人のことを考える(余裕がある)人≒利他的にふるまっていると見える人っていうのも、究極的に言うと
それは自分のためにそうしているのではないのでしょうか。

簡単に言えば、
死ぬのが本当に怖くて、傷つくのが嫌で、それから必死に逃げて、
結局自分のために「利己的な思考」をすること。

安全のある生活、安定した社会を構築できれば、どれだけ自分にとって居心地がいいか。

「誰でもよかった」で殺される社会から必死に脱却方法を考え、
「よそ見してた」で自分の子供がひき殺されたときを想像し悶える。


不敵な言い方だけど、あえていうと
「頭のおかしい人をこの世から排除できれば、どれだけ安心できるかな」
って考え。
理不尽に偶発的に自分が傷つくことを防ぐ、最善の策ですね、
「他人を矯正する」ってのは。
とても合理的。


極端な言い方しましたけど、今日の意見は
ある意味で間違っていない気もします。


こういう締めくくりをするのは文脈上おかしいと思いますが、今日の記事は
金稼ぐことばかり考えるのは薄く、浅い人間だ。
って思考からスタートしているように思うんです。


そして実際そう思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR