問題意識をもって生きる。

問題意識をもって生きる。

この社会はまだよくなる。
幻滅したことも期待が裏切られたこともなく、なぜならこれっていう行動を起こしたことがなく、
しかし何となく、言える気がします。
「この社会は、まだ捨てたもんじゃない。まだ、僕たちの力でよくできる」って。

僕自身を支配し続けている曖昧な感覚ってのは、一言でいうと「問題意識」になるんじゃないかなって思いました。

ちょっと哲学的な問い「何のために生きるのか」を考えてて、いや違うな、そんなの分かんないや、
問うべき問われるべきは、「何をもって生きるのか」じゃないのかな、なんて仮設を思いつき、
それって結局究極的には、「何の問題意識をもって生きてくのか」って問いになるのかな、なんて考えました。


「何のために」 と 「何をもって」 は似てるようで、全然違いますよね。
そもそも、「何のために生きるのか」って問いは、ずるいですよね。
答えは「産まれてきたから」になるのに決まってるし、そもそも人って何か目標を達成するために、
産まれてくるものなんでしょうか。
僕は違和感を感じました。
じゃぁ何をもって生きるのか。

これは、訪ねたいです。
そこら中の人に。


何にお金を使いますか。
休みの日は何をしていますか。
趣味は何ですか。
では、何をもって生きているんですか。

自分の信条はどこにありますか。
自分の魂は、光ってるって言えますか。

っていう問い。
「あなたの問題意識はどこにありますか」。


でも本当に今の社会に満足で、満ち足りた生活をして、充実した日々が送れていて、何の不満もない。
何の問題意識も持ちえない。って人もいると思います。

僕自身も、満点とは言えませんが、それなりに身の回りの環境には大いに満足しているつもりです。
ただやっぱり、自分のことだけじゃなくて、社会全体でこれでいいのかって考えると、どうしてもyesとは言えない。

自分が身を置くコミュニティとは全く別次元の場所で、何かに怯え、怒り、悲しみ、明日に絶望する日々を送っている人がいる。
その事実だけで、僕は他人事とは思えません。
ただ、何ができるかっていうと、まず何が出来るか分からないし、そして知ったところでそれを実行する行動力があるか分からないし、ただ思考しているだけです。
共感しているだけです。想像しているだけです。

社会的問題を解決する○○な人!ソーシャネルビジネス!ボランティア! って活躍してる人たちが取り上げられますが、はっきり言って、あの人たちはスーパーマンに近いと思います。誰もあんな行動力なんか持っていないと思います。
だから、等身大の、自分のできる事ってのは、こうやって少しでも考えて、学んで、考えて、学んで、考えて考えて考えて を
繰り返すのがまず一番だと思います。


僕自身、大学生活は底辺のようなもので、学ぶって何?って状態でした。
僕みたいな人はきっとたくさんいると思います。
最上位層の人たちは、学生中に起業してボランティアして難関資格取って・・・
それに対し、大多数のそれ以外の人たちは何が出来るんでしょうか?

生きてくうえで、問題意識を持つこと。
当時の自分には、この重要性を伝えたいです。

問題意識がなければ、まず行動が伴わない。

社会って、まだよくなるよ。
それは決して他人事じゃなく、自分たちで作り上げていくモンじゃないかな。

なんてことを、今あの頃の自分と同じように、「何かをしたいけど何すればいいかわかんない」若造に、教えてあげたいです。

個人の抱える問題意識、それで社会はきっとよくなります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR