中島らもにハマッて、本をたくさん読んで少し考えた

中島らもに、ハマりました。
ガダラの豚を読んで衝撃を受け、
今夜、すベてのバーでを読んで世界観にどっぷり浸り、Wikiを見て死んじゃった人だとわかりまた衝撃を受けました。
なんか、壮絶な人生ですね、本当に。
死してなおここまで影響を与える力。
これは本の素晴らしい特徴の一つであり、受け継がれるべき知性だと思います。


それはそうと、中島らも氏は簡単に言うとものすごい量の薬を飲みながら、多量のアルコールを摂取し、
なおもそのハイな状態で小説を書き、飲みすぎて酔っぱらって階段から落ちて亡くなった人です。

らも氏の小説の世界観にはどっぷりハマッてしまったんですが、決して僕自身が薬したいとか(笑)、
アルコール大好きすぎてヤバいとかでもなくて、惹きこまれるのはその「異次元」感です。

実は僕もブログ書いているときはだいたい泥酔してて、あとから読んで本当に恥ずかしいような内容だったりも
あるわけで、リアルタイムも今ビール3本目を開けたところで気持ちよくなっているところで、
そんな状態って一体何だろうって考えるわけですよね。


ちょっと酒が入ってハイになってる状態、つまり”おかしい”状態なんですかね、ということは正常があって、
この異常状態は否定されるべきなんですかね。
らも氏も小説で語っていますが、酒を飲んで薬を打って、その状態で”考えれる”ことが出来た人、だったんです。

さっきの言葉を使うと異常な状態でこそちゃんと考えることができた、逆説的だがそんな人だったんです。
これは、たぶん彼だけじゃないと僕は思います。

潜在的に考えている部分思っている部分不満欲求、すべてが
ある種のハイなときににじみ出てくるものだと思います、人というのは。
とっても主観的で何の根拠もないんですが、多分歴史に名を残す人たちってのは
この『ハイな状態(≒異常状態)』を保つことが出来た。それゆえに超人的なパフォーマンスを残せた。
そんな現象って、ある気がしませんか。


たまに、ありませんか。すべてを投げ出して、どこか遠く海の見える丘へ行きたい気持ちw
ちょっと具体的過ぎてこれは僕だけしかもしれませんが、多分社会人になって、いろいろ仕事でもまれて、
「おかしくならない人」が異常なのかもしれません。

本当に何のためにやっているんだろうって不満がある仕事を淡々と家庭のために
こなすお父さん、これって正常なんですかね。

たまにはおかしくなっても良い、すべてを許容する世の中だったら、過ごしやすいですね、
決して僕が緊急事態に直面してる訳でもありませんが、なんか、毎日塗りつぶしていく日々が急に憂鬱になってきたので、
つらつらと書いてみました。

ある意味ちょっとどこか遠くに『イッてこれて』、さっぱりして現実世界に帰ってこられる人が
最強だと思いました。大人になるってのは、こうやってタフさを理解していくことだとも思いました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR