読書録 「社会を変える」を仕事にする

はっきり言って、ノンフィクションというかドキュメンタリーというか自叙伝的な本を読んで、
泣いたのは初めてのような気がします。

そこまで、インパクトがあり、感銘を受け、考えさせられる一冊でした。

「病児保育」問題を解決するための、社会起業家としての筆者の生きざま、経験を書いたものですが、
「成功の裏には努力があるんだな」って言葉を薄っぺらく感じるくらい、
深く真剣に考えて、行動してきたその姿勢について、感激しました。

僕も恥ずかしながら、なんとなく「社会を良くするってどんなことが出来るんだろう」とか考えてみたりはしてるんですが、
はっきり言ってそのレベル。
具体性に欠ける。
とりあえず何かしたい。
考えてみる。

そんな浅い考えしかもっていません。正直。


ただ、興味深かったのは、筆者・駒崎弘樹氏は、まず「病児保育」問題を解決しようとしたのではなく、
まず「NPO」という形を選んでから、そして社会的問題の一つである「病児保育」を選んだこと。

この順番は非常に大切なような気がします。


ちょっと前の記事
でも書きましたが、稼げる力を持ってる人が非営利事業を営む。
これって、”合理的”ですかね?

多分、これが合理的とみなされる社会は遠くないうちに来ちゃって、
っていうかこの考え方を採用せざるを得ない限界まで社会は進んでしまって、
逆に言うと「行政」「起業」だけの力じゃ社会はもたくなると、僕は思います。


この利他的な行動こそが合理的だ。

それが叫ばれる日はまさにこの筆者たちによって作られるようとして、
それに頼るしかない社会はすぐに来る、そんな気がします。



虫唾が走る って言葉は僕自身あまり使いませんが、ただ、この本を読んでて、
数々の行政(公務員)の対応については、はっきり言って虫唾が走りました。


「あなたがNPO活動してこっちはたくさん電話を取らなきゃいけないから迷惑だ」的な
発言をした係長は、はっきり言って公務員失格です。
正直驚きました。
地域住民の窓口を行ってる職員が、この態度は許せない。

他に必死に働いてる公務員に対して失礼だし、
一人のせいで”公務員”全体の信用は失墜するんだなと思いました。




僕個人的にも、「稼いだら勝ち」っていう発想はあまり好きじゃありません。
経済格差も広がりビジネスでも投機的な事業が行われる。
金じゃなくて、肩書きでもなくて、考え方、ロマン、人そのもの。

読書録からはかけ離れましたが、
この本は読んでよかったです。おすすめします。
「社会を変える」を仕事にする: 社会起業家という生き方 (ちくま文庫) 駒崎 弘樹著 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR