疲れた時にはたくさん本を読んだり

一応趣味聞かれたときに読書って言ってるレベルに読書は好きで、定期的に本は読んでいます。

読書メーターやってて、
読んだら更新はしてるんですけど、改めて見返すと、記録をつけ始めて5年弱。
一日平均は0.5冊ほど。
2日で一冊になって、昔に比べればだいぶ減った事に気づきました。

で、なんか、気が病んでる時って、小説って凄い栄養剤になるんですよね。
もう、本当に仕事が嫌になったとき、だいたい読むのは小説ですよねw

なんか、現実逃避に最適というとか、逃げる先は、僕にとっては本の世界であったりします。

ノンフィクションは、それはそれで学ぶことは多く、とっても勉強になります。
でも、それだけじゃ足りないってことに、今頃感じるようになってきました。

今週末では、
MISSING
とか
舟を編むを読みました。


良い本ってのは、世界が拡がりますね、本当に。
今自分が生きている世界、考えている領域、視える空間ってのを、
ことごとく否定するもの。
それが小説だと思います。

「仕事ばかり考えなくて良いじゃん、そんなに力まなくても。
こんな考え方も生き方もあるし気楽にいけばいいと思うよ」ってのを提案してくれる媒体。


本当に助かってる感はありますね。
特にこの一週間は、風邪で倒れていたこともありw

こうやって、”思考の次元”を変える事って、物凄く重要な気がしますね。

いつもいる着地点と違う舞台で”考える”。
ちょっと旅行行きたくなるようなあの感覚。

少なくとも、人間ってのは、”変わらず”を是としながらも、”非日常”を感動する、そんな我儘な生物だと僕は思います。
いつもと同じが楽ですが、たまには違う感覚を欲する。

こうやって考えると、何が正解で何のために何をもって生きているか本当にわからなくなりますね。

僕自身も、体調が回復してまた明日から本腰入れて勉強するぞって気合はようやく戻ってきました。

生活する”次元”ってのを意識的に変える。
それがサラリーマン的なリフレッシュであって、栄養補給であって、スタミナ回復であって。


あと、個人的にめちゃくちゃ好きなのが、
たまに乗る新幹線の中。
ボーっと窓越しに景色を見ながら、無意識に色々考えてる。
こういう無意識にボーっとできる場所ってのも、生活するには必要な場所、な気はしますね。


もう少し小説を読んで、日曜の夜を噛みしめながら、寝るとします。
良い夜を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR