民主主義

また選挙関連の記事を書こうと思います。

日本って民主主義ですよね?
国民が選挙で選んだ政治家が政治を決めるってことになってますよね。

じゃぁ民主主義の反対に属するものって何でしょうか?
それは官僚統制とか、そういった類のものになりますね。
一部のエリートにより国家が運営される。

この2つ、どっちがいいのでしょうか?
民主主義=善って決めつけていませんか?

例えば新興国などでも、民主主義の基盤が確立されようとしている国がいくつもあります。
アウンサンスーチーとかっで有名なミャンマーもそうですよね。
でもこんな国って「教育」ってインフラが整備されていません。
そのような国の場合は官僚統制の方がいいかもしれませんね。
人を選ぶ目ってのが養われていない、政策の「意味」を理解することが出来ない国民がいる状況では、民主主義は機能しにくいのです。


そもそも民主主義もけっこうエグイもんですw
国のすすむ方向性が間違った><ってなっちゃったら、責任は国民にあるという言い訳もできますし。
政治家を選んだ国民が悪い、この論理です。
この意味で僕は民主主義は究極の妥協だと思います。
国がどうなってもしらねーぞ、制度上そうなってんだから後は君たち次第だ、って形でしょう。


今日本国憲法は硬性憲法となっています。
憲法改正には非常に高いハードルをクリアしなければならない。
理由も色々ありますが、その一つに民主主義の不完全性が言えると思います。
どういうことか?
要はある時代に無能が集まって、憲法を悪化ばかりさせないようにするための保険です。


民主主義は国民に「考える」ことを求めます。
思考停止ばかりの国民では良質な民意など成立しない。
大多数の思考停止国民によって、国益が失われる可能性もありえるのです。
しかし責任をとるのは国民全体で。
このようになっては、一部のエリートもヤル気なくなりますわなw


日本ではどうでしょう?←これが本題です
良質な民意が機能していますか?
選挙の有権者に資格を!って議論も出てきてますが何故だがわかりますよね?
「日本の民主主義は危機に瀕している」
って言葉も目にしません?僕はよく目にします。

民主主義の質が悪いと法律の執行官・行政部門(=公務員)は不満を覚えます。
(変な政治家ばかり当選・・・こんなのが国民の代表者か・・・)
その結果行政は混乱し、国民は「国」に対して不満を覚える。
(また公務員がやらかしたのか・・・今日もマスコミで取り上げられてるし)



この負のサイクルは僕の日本国内での民主主義に対する仮説です。

昨今の政治家叩き、官僚叩き、その問題の根源としては国民に帰属するって言えないでしょうか?
「考える」ことをやめた人たちに選挙権を与えるべきではない、けっこうシビアな意見ですが上記の論理ではそれは正当化されますね。


考えてみましょう。
民主主義の可能性を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

考えすぎてもハゲるで笑

今の日本ではコーポラティズム構造はもう無いという意味ではより民主主義が進んだと言えるけど、結局個人レベルの利益を完全に代弁出来るような政党は存在しない。
そしてこれは政党政治において当たり前のことで、よって個人の利害だけを基準に投票しようとしても悩んでしまうのは至極当然のことである。自分が所属している団体がどんな利益を追求していて、それを代表する政党はどれか(個人レベルではなく団体レベルで)
というのを考えてみたら、その悩みは解消されるかもね。
少なくとも学生の頃よりかは自分の社会的立ち位置が見えてきているのでは?

No title

ご意見ありがとうございます。

個人としてじゃなく自分が所属する団体としての考え、ですね。
今思うと僕もそれを軸に考えていた点も多く見受けられます。
というより自然に団体を通して政策を見てしますんでしょうね、社会も団体=利益集団の塊ですし。
プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR