公務員と、主体性

東京都では盛り土問題(?)とか大変ですね。。。
今回のような長期的な政策は、知事も変わり担当者も変わりしてしまったら情報収集が困難ですよね。
結局求めているのは、何が原因か、であると同時に、誰の責任か、ってところにあると思うですが。


行政の安定性は、国の経済力を支える非常に重要なものです。
人が変わったからといってコロコロ意見を変えるようでは、組織としても機能しているとは言い難いですよね。

誰がそこに座っても、組織を機能させる。
それが人事であり、存続命題であるように思います。



ただ、それをその組織の一員である公務員としては、どんな見方になるのでしょうか。
政府を支える、社会をまわす、行政を担う公務員って、どんな主体性をもって仕事に取り組めるのでしょうか。


結論から言うと、少なくとも「仕組みとして」民間企業と同様に主体性が評価されるものではないと思います。
悪い言い方すると、誰かがやる仕事は誰かがやるし最低限与えられた仕事をこなせばOK,っていう風潮。


そもそも公務員、例えば一般事務職に求められるスキルって何でしょうか。
僕が考えるに、読解力・利害調整能力・論理的思考力。この3つかなと思います。

逆に言うとこれらを備えていれば立派に「公務員を果たせる」訳であり、それを試験ではかっているものだと思います。


そして、公務員の仕事って何でしょうか。
それは簡単にいうと「法律の執行」です。

国民の意思決定をこなす。
それが根本的なところです。
だとすると、そこにどうやって主体性を見出すのでしょうか。

少なくとも、組織の中で部、課、係と定められているように、業務内容は振り分けられています。
つまり何をすべきかはその段階で決まっています。
与えられた仕事をこなす、その意味では主体性を肯定することはできると思います。


ただ、合理的に考えて、リスクをとってまで、「与えられた業務」の枠外まで積極的にやろうとは思いませんよね。
生々しい言い方ですが、結局、誰しも、処分は怖いんです。
ある政策を採用した。その責任者は。
ある契約を発注した。担当者は。
おいおい責任を取ることがないように、無駄なことはしない。
積極的に、業務に関係ないことまで良かれと思ってやったところで、自己満足で終わるか、
上司から評価されるだけです。評価されたところで、予算の面もあり、運がよければ少しボーナスが増えるレベルですw
ぶっちゃけ、ここまでくると「やったところで・・・」ってう発想にならざるを得ません。
個人的見解というより、「仕組み論」として。


また、責任の所在を探すにしても、処分対象の個人を探すにしても、
結局は何かしらの行為をしたからであって、「不作為」を責められることはほぼありません。


やらなきゃいけないことをやるってのが本質であり、特に企画立案、制度設計に直接携わる中央官庁の職員ならなおさらです。


ここまで書いたらわかる通り、「スーパー営業マン」はいても「スーパー公務員」なんて存在しないと思います。
土日に、地域密着型系のボランティアか活動されてる方も多いですが、それは素直に尊敬します。
ただ本業で「バリバリな公務員」っていないですよねw


公務員の仕事はあくまで受け身です。
法律を執行するってことは、何をするにしても根拠を法令に求められるというわけです。
逆に言うと根拠がなければできない。
何かしらの「モチベーション」があって公務員になったのなら、少なくとも一般行政職っていうのは、
それを維持するのはとっても困難な気がします。
僕も、職務として求められている、最低限の職務専念義務は果たしていますが、モチベーションは無くなっちゃいました。

何のために働いているかを自問自答している毎日。おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR