罪と罰、正義

今生きてる社会では、毎日どこかで何らかの罪で人は逮捕されています。
犯罪を犯す人がいて、人を殺す人がいて、死刑になって、
日本中で、殺人者は逮捕されています。

殺人。
自分とは全く関係のない世界。
少し頭がおかしい人、狂った人、理性的な判断ができない人が憎しみの感情を我慢できずに人を殺す。

いわゆる「あっちの世界」であり、テレビの向こうでフィクションに見える気もします。
少年による殺人事件は昔より減ったみたいですが、
逆にたまに発生するそれは猟奇的に見えて、マスコミも”劇場化”してそれを取り上げる。


本当に、そうやって罪を犯すのは、頭の狂った一部の”変わった人”の行為なのでしょうか。

僕はそうではないと思います。

この社会が生んだ一人の人。
誰しもがそうなるかもしれないというリスクを持ってて、
自分自身の転換可能性も、少し歯車が崩れるだけで全然ありうるものだし認めるべきです。

少なくとも、例えば殺人を犯す人って、「異常」なのでしょうか。
生まれた時から潜在的に人を殺す可能性をもっていて、何らかのきっかけによりそれが顕在化しただけなのでしょうか。

そもそも、なぜ人を殺すのでしょうか。


もちろん、この問いの答えに「自分の憎しみを晴らす」ためっていうのはあると思います。
ただ、僕がここで言いたいのはそうじゃない。


たとえばよく車乗る人ならわかると思いますが、クラクション鳴らす人って、誰のために鳴らしてるんでしょうか。
もちろん、運転している自分にとって邪魔だから。
ただ、それだけでしょうか?

そう、”皆のため”に鳴らしているような気もするんです。
安全運転を心がけているような全ドライバーを代表して、「あなたの運転は危ない。急に止まったらどこかで事故っちゃうぞ。」と。





同じ理屈ですよね、おかしいかもしれませんが、人を殺めるときも、「皆のためになる」ってのを信じてやってるケースもあると思おうんですよね。
相模原市の障害者福祉施設で起きた殺人事件も、根本的な部分はそこにあるんじゃないでしょうか。

オウムのサリン事件だってそうですよね、信者は「絶対的善」な行為だと信じて人を殺すんです。



本質的に、絶対的に、「悪」な人なんかいないんじゃないかなとは思ってます。


今日のブログで僕が言いたいのは、僕たちが「善」だと思ってることも他人によっては「悪」となりうるし、
逆に人を殺す、罪を犯す行為は基本的に”一般人”からすれば「悪」な行為ですが、
それを「善」と信じて行った人もいるってことです。



結局は、何度も言っていると思うんですが個人が所属する集団、コミュニティによって決定つけられると思うんです。
刑罰法規ってのは”社会通念上””一般人が”考えたときに危険な行為を「罪」として規定しているものです。

この”社会通念上”、”一般人”ってカテゴリーって、どこからどこまでの事を言っているんでしょうか。
そこに属さないコミュニティで育って人、生活してる人はどんな価値基準を持てるのでしょうか。


「罪を犯した人は悪だ」
これほど幼稚で、短絡的な思考はしたくありませんね。

罪を犯した人はそれを「正義」と思ってやってる場合もある以上、
そもそも正義って何だろうって問いを考えてみることが、一番社会のためになる気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR