思考は不可視

思考は不可視。

今更当たり前なことを何言ってんだって言われそうですが、これって結構決定的・クリティカルな要素含んでるんじゃないかって
考えてたのが今日です。
思考は見えない。
そりゃそうですよね。
他人が何考えているかは表情や言動から読み取るしかありません。
昔ドラマで見ましたが、サトラレとかあぁいう類でない限りは。

思考・人が考えている中身を見ることが出来たら、どうなっているでしょうか。
たぶん2000年前くらいに文明開化してるんじゃないですか?(テキトーw)
ただ、人間は他人が発する言語を聞き取り、目で仕草を見て理解し相手の意図することを考えたりしますが、
考えてることがお互いコトバにしないと伝わらないってのは仕様上のちょっとしたミスですよねw
脳科学が発展すれば思考同士でコミュニケーションできたりするんでしょうか。。
残念ながら生まれながら人間は”思考”だけじゃ相手に伝えることができない。
この前提で話を進めましょう。



もう一度、思考は不可視。考えるだけじゃ共感できない。
ゆえに、人間同士で意思疎通を行うための「非言語」による意思の伝達、および「言語」による伝達が求められるんです。


それが「見えない」モノであっても、「考える」っていう能力があるのは動物でも人間だけでしょう。
授かった力。
それによりここまで文明を発展させてきたといっても過言ではないと思います。

そして、
思考こそが社会をここまで育てた原点であり、共通の財産である。
個人として思考することこそが社会での価値である。
こんなことが言えると思います。


また、ここでいう思考も、これは表意を前提とするものではなく、
ただ純粋に考える。
言葉にするでもなく、絵でもいいし、デザインでもいいし、はたまた匂いでもいい。
こういう感触、感覚をイメージする。

たぶん、
深度のある純粋な思考ってのは、無意識にでも身体上で顕在化するようになっているんだと思います。
つまり、「非言語化」による意思伝達が行われる。
感じ取られ感じ取る。


そして最後に。
こうやって無意識のうちに伝達されあった「思考」の塊をストックする仕組み。
相乗させ、社会に還元させる形。

個人と社会って対立でモノゴトを考えたとき、一番重要なのはここなんじゃないかなって思いました。
優秀な人は自ら発信し続けます。

発信者による発信を前提するのではなく、小さな思考のカケラを集めた全体。
社会のデザインを考えるときに、ヒントになりそうなので今日ここに記します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR