平成29年 司法試験予備試験まで329日 ・ 弁護士への想い

短答式試験のまで329日となりました。

この土日で15時間くらい勉強し、うち7時間くらいは講義をネットで見ましたが、
もう少し見る量を増やさないと間に合わないことが判明しました。。

唐突な決断をしてから早くも1か月。
弁護士になるって決めてから、(順序はおそらく間違っていますが)本を30冊ほど買い漁り、
貯金してきた金をすべて投じて予備校へ申し込みました。

そしてまた今更ながら、弁護士って就職難になってる人も少なくないんですね。。。
少なくとも、司法試験が合格してから今の職場も辞める予定です。いつになるかはわかりませんが。

社会に出て始めて就いた職場。
悔いの内容、残りの時間を精一杯頑張っていきます。


とりあえず弁護士になれたという前提で、それからどうするかを考えたりもしています。
昔と違うのは、「待って顧客が来る」っていう状況からは変わった、『営業スキル』ってのが
求められていると思うんです。特に首都圏など人口過密地域では「弁護士の供給過剰」は顕著です。

テレビでも法律事務所の広告を見ることはあると思います。(過払い金の取り戻しとか)

弁護士としての営業力。
顧客信頼獲得力。
負けても「次もアンタに任せるよ」って言ってくれるような人がいるかは知りませんが、
人として信頼されるようでないといけません。



「人間力」
つまり誠実さ、真摯な態度、共感力、確固たる意志、そんな能力を兼ね備えた「人そのもの」で差が出る。
肩書きじゃなくて、「人」の差。
これは間違いなく、これからの時代で必要な能力だと思います。



今の僕の職場では、はっきり言うと「人間力」ってのは求められていないように思います。
なぜならば「代替可能性」を前提とした組織であり、個々のパフォーマンスというよりも、
『組織の一因として、その役職・肩書きでの行動』に重きを置かれるからです。(参照してください



法律を使えて、「人間力」で差がつく資本主義社会。
素晴らしい舞台ですね。

そしてあと間違いなく英語スキルも必須になります。
今現在、生まれ故郷の市には法律事務所は一つしかなく、僕も将来独立し事務所作る予定ですが、
そんな小さな田舎でも、外人を見かける機会は多くなりました。
田舎に農業をしに、アジアから出稼ぎで来るパターン、あるいは職業訓練として学びにきてるんです。

アジアの国々も経済成長過程であり、その国民も豊かになっていく。
今まで完璧な主従関係だったバランスが崩壊し、紛争へと発展していく。これが需要①。


あるいは「農業を通しての国同士の相互協力」、この制度確立に向けた需要。法整備。これが需要②。


一人で妄想してるだけですが、英語は、勉強していこうと思います。




ここまで言ってですが、弁護士として一番需要が出てくる分野は別にあると思います。
キーワードは
「遊び(娯楽)」と「匿名性」。
これはまた次の機会に考えたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR