"Excuse"

今日体験した、出来事。

電車に乗っていました。
東京メトロ。
土曜日の午前中、閑散としている車内。

ある駅に停まって、さらに人が降りていきました。
座れるスペースもだいぶ空いて、外国人の家族(中東アジア風)4人が、
バラバラに座っていたみたいですが集まってきて横一列に座りました。

ふとお父さん、家族の写真を撮りたくなって、反対側の座席に移動し3人をスマホで撮りはじめました。
空いている車内なので少しポーズを取りながら、少し盛り上がりながら。


するとその近くに座っていたおばちゃんが、煩かったのか、
舌打ちをしながら遠い席に移動していきました。
その家族はそのおばちゃんの背中を見ていました。
お父さんのスマホはカメラ機能のまま。

お父さんも困ったな、みたいな顔をしたその時、近くに座っていた
20代後半くらいに見えるサラリーマン風の青年がイヤホンを外し、
お父さんに「take a picture , OK」といってスマホを自分に預けるよう、ジェスチャーしました。
あんまりうまくない英語でw

お父さんは笑顔になり青年にスマホを預け、ダッシュで家族3人の横に座り、
家族みんなが「thank you」って言いながら写真を撮られて、
青年は照れ臭そうにスマホを返して、「yeah , ok」みたいなぎこちない返事をしながら
またイヤホンを耳にあて、次の駅ですぐに降りていきました。
ほんの少し、ドヤ顔になっていたような気がします。




ただ、その青年は、後から後悔しました。
何で、もっと気の利く言葉を言ってあげられなかったのか、と。
最後に良く分かんない「yeah , ok」じゃなくて、「you 're welcome. Enjoy your trip!」くらい、喋れるようになれよ、って。



・・・
っていう話です。

『公共空間』では色んな人の想いが絡み合います。

以前twitterで見たんですが、はっきり覚えていないのでこんな感じの意見。
「バス内で子供大泣きしてて全然鳴き止まなくて、鳴き声がバス内にずっと響いてて、
そしたら近くに座っていたおばちゃんが「元気があってイイネ」って言って、
つまりそれは『私は少しも気にならないよ』っていう意思表示と同時に周囲の皆への牽制」


どうですかね?
なんていうんですかね、
excuse (許しあい)、 承認行為。



それで社会って成り立っているんですね、たぶん。




僕自身も、確かにたくさんビール飲んだ次の日の出勤は、トイレへ駆け込むときもあり、
通勤時肩ぶつかってもそれどころじゃなくて無視して走り去る自分もいる気がしますw


嫉妬、妬み、怒り、憎悪。ネガティブな感情は日常生活でいやというほど生まれてきます。
しかしそれを第三者が否定する、そんな仕組みもあるわけです。

一つの発言で、一つの行動で、
周囲の皆の感情が「+」になる瞬間ってのがあるわけです。


「僕はあなたを許します」
日本語で言うと恥ずかしい言い方ですがw
たぶん英語の"excuse"って感覚ですかね。


許し、許す方へ導かれる。

隔離されつつある社会の中で、これって多分、
これから一番重要なポイントになってくる気がします。



許す、承認。
この言葉について、そして社会とのかかわり方について、考えている自分がいます。
分かるようで、わからない。
もっとたくさん、本読まないと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR