ララピポ、とか格差とか、

ララピポ、グラスホッパー。
なんだか重い2冊を、連休2日間で読んじゃいました。
「社会の最低限で棲む人種」ってカテゴリー。

考えてみると、今まで歴史が経験してきたどんな国家も、どんな王朝も、どんな時代も「格差」無しなんてありえなかったんですよね。
そして改めて今それを考えてみても、格差が違う人々ってのは今生きてる社会でもいるワケで、さらに東京だけでみても
結構上の層から最下層までが似たエリアで生活しているわけですよね。

今回のブログで言いたいのは、「格差反対」なんて言いたいのじゃなくて、
格差は必然と生まれるんだからセーフティネットを準備しろとかでもなくて、
もっとこう抽象的な部分で「格差」って何だろう的な部分です。

何度もブログに書いたと思いますが、特に東京へ来てからは「格差」を実感する機会がメヤクチャあります。

そして今現在、格差を数値化するものとすれば「金」。これしかありえないような気がします。

金を持っていれば何でも出来る。
金が無いと何もできない。
自分の目標を達成するために、ではなく目的自体が「金を獲得」する事になる。


この文脈で何が言いたいかというと、金持ちかどうかだけが格差の指標ではないのじゃないか、って事だと思うんです。
一言で言うと難しいんですが、『教養』って言葉になるんですかね。
品がある、っていうと行動様式だけの言い方になるけど、思考の様式から格差って間違いなく生まれるものだと思うんですよね。

逆に言うと、今金は持ってるけど(考え方に)教養がない人って多い気がしませんか?
こんな僕みたいなやつが何言ってるんだ、ってなっちゃいますけどw


最近小説ばかり読んでて、色々感じるようになった気がします。
教養ある人って、言葉の選び方、そしてコミュニケーションでの態度が全然違うんですよね、たぶんw

ここらへんは僕の仮説になってるんで恐縮ですが、
文学をかじった程度の僕が考える事ですが、
「考えてそれを表現する。その行為について天才がいる。社会にとって1番やっちゃいけないのは、その天才を埋もれたままにすること」。

金なんか持ってなくても天才は居るんですよね。
再度言いますが、考えてそれを表現する。
表現行為は音楽、絵画、身体、そして文字。
多種多様な媒体を通して表現されますが、そんな天才を発掘する義務が、今を生きてる僕たちにはあるのかな、なんて思っちゃいました。




今頃ですが、タイトルのララピポ。
a lot of people の略で小説です。
小説読んで面白買って映画も見ようと思ってます。
様々な底辺の人々が這いながら生活していく過程。


全くこの小説の内容と関係ない気もしますが、考えちゃいました。
「金に還元されない天才的な事を考える人もいる」と。
全ての人の人生がある意味芸術な気がしてきました。
何故ならば全てにおいてストーリーがあって思考が介在してて、それも本気でやってる。



そして今ここまで書いて、なんとなく自分が言いたいことがわかってきました。
金に還元されない「凄い人」を発掘して逆に「僕は君を最大級に評価する」って意思表示をする、
社会の中で本当に生きるってそんなことじゃないんでしょうか?
難しい事じゃないですよね、「感動したことをただ伝える」その作業。

そしてその作業ってのが、今は「金」を媒体として行う手段しか皆知らないので、生きにくくなっているんでしょうね。



最後に、
なんか変な言い方になって勘違いされると困りますが、そしてあんまり冷たい言い方もしたくないんですが、
僕はあまり「人」自体は好きな方ではない気がしますが、一つ一つのストーリーには非常に興味があります。

金で手に入れるもの、入れないもの、
教養って何だろう。
色々考えさせられる3連休でした。(まだあと一日ありますよ)

おすすめです。(クリック)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR