普段の”考える”時間

日中、暖かくなってきましたね。
来週も、ものすごい暖かい1週間だとか。
そんな週は、全国一斉に仕事休みにして皆でピクニックに行ったりしたいですねw

なんて冗談が出るのは今日が金曜日だからです。
今週もお疲れ様でした。

普段の生活で、仕事が忙しくなるほどありがちな事。
『考える』時間が確保できなくなることです。

「仕事以外の事で、どれくらい考えていますか?」
一見意味不明なこの問い。
ただ、結構これって重要な問いなんじゃないかななんて思ったりしてます。


「人は何から生まれてどう生きてどこへ向かっていけるのか」
なんて、哲学的な事を考えるべきだなんてことは言い過ぎだと思います。


ただ、人と人の結合で成り立っているこの社会。
そして自分はその中で、個体として「どう考えて、それってどんな位置づけなのかな」っていう問い。

・・・っていうのも、考え過ぎですかねw



通勤の電車。
朝。
半分はスマホいじってて、残り半分は寝てて、あと少しの人が本・雑誌を読んでる状況。
僕の住んでる沿線がこうなのかもしれませんがw


一般的なサラリーマンって、いつ考えるのかな?って思わされる光景でした。
そう、僕もいつもスマホいじるか読書なんで、「考える」って行為はしていないと自覚しているんですが。


こうやって考える「場所」「時間」「機会」が無いのって、死活問題になってくると思うんです、特にこれからの社会で。
「三上」って昔ながらの言葉がありますよね。
要は「ひらめく場所」。端的に言うと便所、布団の中、通勤タイム。

今って、スマホ含めて「インプット」ばかりに時間が費やされ、アウトプットをしていないので、
それ(アウトプット)を前提とする「考える」って行為がなされない。
そう思う訳です。



ダラダラ書きすぎましたかね、悪文すみません。
少なくともこれだけは言えます。

”思考の介在が無い社会はやがて堕ちる”
と同時に、
”社会は思考で成り立っている”

以上です。良い週末を(*^_^*)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR