手の届く範囲

今読むと恥ずかしいレベルの昔の記事
にも書いてますが、僕は『GO』っていう映画が大好きです。

読書に対するブログ ってのはちょっと方向性変わりつつあるのかなぁなんて思ったりw

『GO』の映画の中で、腕を伸ばして「それが自分が届く距離だ」なんて、窪塚がオヤジさんから言われる場面があるんです。
強く印象に残ってます。
自分のテリトリー。
ちょっと飛躍しすぎてるかもしれませんが、自分の出来る事。
自分が触れる範囲、自分が為せる行為、自分が達成できる目標。


この「手の届く範囲」ってのが、自分の中で凄く変わっているということに気づいたりしています。
何でも出来ると信じてやまなかった社会人1年生。
世界を変えるなんて書き綴ってた僕がいましたw
でも本当に、ネットで何かしらの情報を発信しながら、「トップダウン」という形で自分の意見が
拡散されたりするもの、なんて
思ってました。

そしてその難しさに気づいた社会人3年生。
「トップダウン」でなんて無理。
まずは逆に「ボトムアップ」で地味な事からコツコツとしなきゃなんない。

そして一周して、がむしゃらささえ失わずに、出来ると信じて頑張れば何とかなるんじゃない?と思い始めた社会人4年生。




東京には本当にたくさんの人がいます。
通勤ラッシュにすれ違うものすごい量の社会人。
なんか上から目線みたいな言い方になっちゃいますが、
目をみればなんかわかりますよね。その人のベクトルが。
「内」へ閉ざされているか、「外」へ拡がっているか。

他人の事を批判するつもりはありません。
ただ、振り返ってみると多分自分も「話かけてくるな」的な目つきしてきたのかな、なんて思ってますw



話がそれつつありますが、「何が出来るか」はその時の自分が決める事。
主観的な世界の広さも変わってくるんですね。
それを拡げるためには「人とあう」「本を読む」「旅に出る」
この3点しかないと思います。

今日図書館で8冊借りてきました。
3冊読んだ所で本の世界にハマッてしまい、考えるトコロがありこんな記事を書いちゃいました。

明日も読書の日にしたいです。

おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR