大学生時代の4年間

最近の読書は偏っています。

森見 登美彦さん、
万城目 学さん。

この2人の著作をここ2週間ほど読み漁っています。

自分でも、なんでこんなにはまっちゃうんだろうってくらいに読んでいます。
もともと小説なんて読まなかった僕ですが。。。


多分、懐かしいんですね、大学生の自分が。

もう、社会人になって4年目。
大学生活なんて、”ずっと前”の存在になっちゃった気がします。


晩から朝まで麻雀した日々。
バイトしかしてなかった3回生。
レンタカー借りて遠出したプチ旅行。
BBQ、花火、祭り、YOU TUBE、mixi、パラパラ、ゲーム。。。

思い出してもキリが無い。
本当に、本当に楽しかった4年間でした。

何をやっても許される。
何をやっても認められる。(勿論犯罪はダメです)

軽く吹っ飛んだ生き方ってのを知る。
逆に学問ってなんだろうなんて考えてみる。

全てが自由。


それが、京都で僕が過ごした4年間でした。


そして、この2人の作家は、いわば僕のその”哀愁心”をものの見事にかき乱す。
「大学生なんて、好きな事をして当たり前だ」
極端に言うとそんな考え方を肯定する。


たまにひねくれていて、
たまに世間から隔離されていて。
だけどいつも「自分は自由」

そんなセカイ観なんですよね。



今の僕はあの頃に比べればがんじがらめです。
8時半までに職場へ行く。そのためには6時に起床。
通勤1時間半。
仕事終わるのは10時の日も少なくない。

身体が拘束されているからこそ、心は自由になろうとする。
そんな作品を無意識に欲し、ある意味解き放たれようとする。


そんなもんじゃないんですかね、人って。


最後に・・・
また皆で
ダラダラ学食食べながら昼から自主休講したいなぁ
夕方起きてWiiマリカーして、夜になると麻雀する生活したいなぁ
朝までバイトしてそれから飲んで、フワフワしながら登校なんてしたいなぁ



こうやってみると明らかなムダな時間。
それが、現在の僕を支えているんだと思います。

一生のタカラモノです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR