宅建 11日目 ・ 所有と共有【不動産】

宅建0日目の記事を書いてから、早くも10日以上経ちました。

テキストはようやく半分ほど読んだ段階です。
あと350ページほど。
宅建業法にかかる問題文は暗記科目が多い気がします。
2/10とか数字も結構覚えなきゃいけないみたいです。

目標としては今週中にテキストは読破して、来週から問題解いていくようにします。

民法は思い出しながら、
宅建業法はイメージしながら、
ゆっくり頭に入れている状態です。
多分、もう忘れっちゃってることも多い気がしますがw


そもそも、土地の売買って面白いですよね。
売買する当事者。
売る側と買う側。
勿論その土地に需要あるから買う訳ですが、
不動産の価格により需要も変わってくるでしょう。

不動産の価格・・・
田舎より都会の方が高い!とか
田んぼより商業施設の土地の方が高い!とか
そんな直観的な部分はあると思うんですが、
無接道、不整形地、ガス・電気配管無し、建築基準法による規制、
国道に面してて煩かったり、
土地の前は公園で虫が凄く出たり、
とか言い出せばキリが無い位、直接不動産の価格に影響されるのかは知りませんが
色んな土地の形態があるんですよね。
利用形態も様々です。

所有から共有へ。
ネット上でも”シェア”が叫ばれて久しい気もしますが、土地についてはどうなんでしょう。
土地は多分、「所有」のままが良いんでしょうね。
土地の共有は紛争だらけ、と聞いたこともありますし、
そもそも”シェア”の概念って「対象を利用した際の効用をシェアする」ってトコロに本質があると思うんです。
シェアハウス。「家に皆で住める効用」
カーシェア。「車を使いまわしてリーズナブルに使用できる効用」
リツイート。「情報をシェアし、不特定多数に知らせる、或いは知る事の出来る効用」

まず『利用価値』があり、それを共有する事でさらにその価値が上昇する。
それが”シェア”の概念が想定しているパターンだと思います。

で、土地って単品では使えませんよね?w
ハコモノが建って利用価値があがる。
土地っていう不動産は所有が原則。
だからこそ不動産登記等により権利関係を明確にしなければならない。


なんて横道それた事も考えたりしちゃいました。
では引き続き、もう少し勉強します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR