FC2ブログ

想いを記します

書き始めてから日付は変わっちゃいましたが、昨日4月29日は、僕の思い出の日でもあります。
ブログのURLに0429という数字が入っているように、このブログを書いていく上で、書き始めた時の想いが消えないようにとしたものです。
想いが消えないように、気持ちを記したいと思います。


平成24年4月29日。
8年前の昨日。
僕にとってある出来事が起こりました。

結果から言うと、それは国家公務員総合職試験の、不合格の日です。

高校受験もそこそこで、大学受験もそこまで勉強した記憶がなく、生まれて初めて、必死に勉強して、本気でぶちあたってダメだった。
本当に受かりたいな、と思って勉強して、なりたい職業ができました。
憧れました。

でも、ダメでした。
全く力及ばずでした。
挫折した日です。


厳密にいうと、もちろんチャンスはその1回きりではないので、諦めたという感じではありません。
ただ、なんとなく結果がわかっていて、でも本気で勉強してダメだった。


今の僕を作っているもの。
それは、その勉強の経験に強く影響されているように思います。


このブログの真の意図。
それは、この結果に腐ることなく、自分を高めて、自己研鑽して、目標に向かって頑張れよって、そういみ意味で、書き始めたものです。
だからこそ0429をブログのURLの一部に設定しました。

「このままで、終わるなよ」


そう、自分に言い聞かせたかったんだと思います。


気が付けば、決意の日から8年がたちました。

8年か。
長い。
だけど、決意が形になって実行されるには、ちょうどいい期間のような気もします。


自分は何がしたいのか。
何を求めて何を考えてどう行動するのか。

その理念も、このブログに記し続けてきました。



このブログも7年半以やっていますが、僕は多分継続することが、苦にならないタイプなんだと思います。
最低月1回の更新は行っていて、書き続けることができています。
全然、つらくないです。

ただ、本を今は読んでいないから、書くネタにどうしても困る。
それはあります。



司法試験合格を目標とする受験生としても、4年前にこんな決意をしてからちゃんと勉強は継続できています。



僕の思いを、消したくない。
あがいても、もがいて、たどり着いた着地点。


このブログは僕の魂を綴っています。

僕の想いが消えないように、こうやって記していきます。


スポンサーサイト



SNSって

SNSの役割は、社会において非常に重要になってきました。
ときにマスコミ以上の強い力を持ち、民意の形成という観点からも政党以上に世論を吸い上げて国会に影響を与えるツールになったといえると思います。

昨今の自粛モード。
在宅勤務・リモートワークが推奨され、一人で仕事をすることが多くなった人々は、必然的にSNSを閲覧する時間も増えます。
人とのリアルな会話ができない分、ソーシャルの場で、絡み、共有し、承認しあうことを求めあいます。
その結果、例えばTwitterをみても、リツイート数、お気に入り数が尋常じゃないことに気が付きます。
皆どこに行き着くか、どこを頼るか、その目的地がSNSである時代になったといえるような気がします。

ただ、SNSも万能じゃありません。
一番顕著なのは、”デマ”の拡散のパターンです。
虚偽情報が、無秩序に拡散される。それほど怖いことはありません。
それが一番おそろしいことは、虚偽情報の生産者が、ときにその情報が真実だと思って発信していることです。

例えば紙(トイレットペーパー、ティッシュなど)が品薄になるって騒ぎ。
純粋な悪意は、無いように思います。
単なる思いつき。こうなんじゃないかな。
その程度の思いが、シェアされまくって危機的状態に陥りました。

何日も、トイレットペーパーが買えない状況は、本当につらかったです。
(本当に、欲しい状況にありました)



SNSは、万能ではありません。
ユーザーの質にかかっている。
そんな一言で終わらせたら終わりですし、閉鎖的なコミュニティにも限界はあります。

そもそもSNSは、既存のコンテンツを加工・付加してベターなコンテンツを産みだすツール。
それが一番の役割であるように、思います。

コロナ情報でもそう。
SNSの住人は、政府・自治体の正確な情報を待っているのです。
それに反応し、拡散し、意見を出し合い、世論を作っている。
そんな存在であるように思います。



役割分担として、やはり一次ソースの提供は、ある程度国・自治体に任せるべきではないのでしょうか。
もちろん任せきりだとSNSの存在意義がなくなるんですけど、僕の一番の問題意識は、
デマがまかり通る社会が怖い。 ってことです。
言ったモン勝ちではなく、それを検証・吟味する慎重な民主主義があればそれこそ最良です。
ただ、ヤフーニュースのコメ欄などを眺めるに、感情的な部分が多すぎるようにも、思います。



例えば政府のマスク2枚。
確かにこれは政府の失敗です。
国民に直結する問題。
待って、待って、これ。
これは憤りがあるように思います。

ただ、政府の中枢の役人、専門家たちが、必死に考えた結果がこれです。

費用対効果を分析し、優れたものの政策のひとつがこれです。


この検証過程を考えずに、感情的に「そんなもんいらんわ!はよ金!現金!」って反応してる人ほど、僕は少し怖く感じます。

「国民ひとり現金10万円」ほど、費用対効果を考えず、ポピュリズムに基づいた政策は、考えられないですよね。
冷静に考えれば気付くはずなんですよ。
何も被害を被っていない人に、自分が払った税金を与えるその意味を。


国が”感情”のみで動くとなれば、民主主義の成熟度合にかかっています。
結局のところ多数決のこの社会。


その多数決、世論を決める役割を果たすSNS。
今後の位置づけ。どうあるべきか。

僕なりに、考えていきたいと思います。

司法試験 予備試験 延期

司法試験予備試験の実施時期の延期が決定されました

決まったことなので、いくら不満を言っても変わりません。
予約していたホテル、飛行機を全てキャンセルしました。

やらなければならないことは、勉強計画の見直しです。
5月の本試験から逆算して短答用勉強モードになっていました。

いつまで延期されるか不明ですが、このままずっと短答用の勉強をするのは、適切ではないと思います。
短答後、論文までの時期はどれくらいなのか。
採点作業がある以上、ある程度期間が必要です。
では、合格発表まで後ろにずれるのか。

その場合、予備試験合格後、司法試験本番まで、場合によっては2,3か月の期間しかない可能性も、あるわけです。

ただそこまで見据えるのは、少し気が早いと思います。
間違いなく、今年、予備試験に受かる。
そのために、最善のスケジュール管理を行い、ベストな状況で試験に臨む。
それだけです。

中期計画がたてにくいですが、とりあえず4月中に、短答(過去問)一周を目標としています。
今憲法終わって行政法も、もうすぐ終わりです。


それが終わったら、5月からコンプリート論文の講義を見ます。
つまり、論文対策を始めます。
合計50時間ほど必要なはずです。

短答一周して論文に使える知識もあるはずだし、論文過去問をそれから解いていきます。

そして、短答試験の日程が発表された後、短答本試験の2週間前から再度短答対策を行います。


ざっくり、こんな感じですかね。。

自分で言うのもなんですが、短答過去問は、もはや7周目で、相当やってる自負があります。
論文に入る前に、少し回しすぎたと後悔しています。

短答用に直前まとめノートも作っているので、それを見ればある程度、点もとれるはずだと思っています。
だからこそ、論文にしっかり時間を使いたいと思っています。


こんなことを言って短答で落ちれば、笑われるくらいですが、そうならないように、コツコツ勉強していきたいと思います。
誰しもが不安。

モチベーションの維持も難しいけど、精神面では相当社会人として鍛えられた自覚もあるので、しっかりやるべきタスクを、一日一日こなしていきたいです。

頑張ります。
頑張りましょう。


プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験予備試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR