FC2ブログ

排除 と 承認

最近気づいたのですが、朝日新聞の「天声人語」。
最初の一行を読んだだけで、そのコラム全体を通しての言いたいことを想起できる人が、本当に頭がいい人だと気付きました。
以上、最近気づいたことでした、唐突にすみませんでした。


ちょうど5年ほど前ですが、こんな記事をかいています。(クリック)

あまり記憶がないですが、いつも泥酔しながら稚拙な文章を書いているところ、結構真面目に考えて書いているようですw

この過去の記事の紹介で、これだけで何が言いたいか分かった人は頭が良い人だと思いますが、
今日のテーマは京アニ放火の事件などについてです。
平成以降最悪の放火殺人事件と言われています。

これに関連し、川崎で起きた、通り魔殺傷事件が起きたのはわずか2か月前です。

一人の犯人が、罪のない犠牲者を複数殺害した、という事件で共通しています。

両者も被害が大きいだけでなく、たった一人の犯行であり、さらに特定の者に対し行われた犯行ではなく、
ある意味で無差別テロです。

ヤフーのコメント欄にも、多数の書き込みがあります。
一番多いのは、「犯人が許せない」というもの。
「ぜひ犯人には厳罰を!」

確かに感情としてはその通りです。
ただ、僕は不思議です。
「なんでこんなに他人事なんだろう」



まるで犯人が”突然変異”して生まれたかのような言いっぷりで、皆でたった一人の犯人に感情をぶつけあって、
それが「正義である」という空気が蔓延している。

皆で、必死に自分たちとは異次元にいる異物を排除しようとしている。


他人事で終わらすことができるのでしょうか。

極端に言うと、加害者である犯人を排除したのは社会であり、それが意味することは、間接的であろうと社会を構成する私たちが
排除したにほかならない。
そう考えます。


最初に紹介した昔の記事を引用します。

”元々「社会から外れた人」たちがいて、それを僕たちが認識するのではなく、
僕たちが認識するゆえに「社会から外れた人」たちが生まれていく。”
”人から認識されることでその枠組みが出来上がり、及びそこに属していると捉えられている人間が自らをそうカテゴライズする上でそのような階層が出来てしまった”


「社会からその関係を断ち切られた」
人がそう考えるとき、自分は排除されたのだとその段階で自覚します。
結果として誰かの救いがなければ、その自覚は嫉妬、妬み、恨み、怒りに変わっていき、いつしか社会に対する不満として、
限界を超えます。

その際の怒りの対象は、特定の誰かではない。
自分を排除した社会そのものです。

事後的に言及できるとすれば「モンスター」の誕生の瞬間です。



僕は、勧善懲悪という言葉が嫌いです。
悪が在りきのこの言葉。
悪を生んだのは何だろうって話。


人を排除するのは、簡単です。
例えば会社でもいきなり何をしてくるかわからない人、考えていることがわかならない人がいれば、距離をあけたくなります。

小さい頃から言われますよね。
危ない人には近づくな。
これはその通りです。


僕が言いたいのは、危ないから排除されるわけではなく、「あいつは危ない」が本人を含め周囲の人たちが認識し、それが共通の理解となって「あいつ」を締め出す。「社会から外れた人」たちが生まれていく。排除される。

排除されるというのは、客観的に計測可能な物理的なものではなく、この本質は”本人の主観”にあると思います。
一つの誰かからの承認。それが排除を阻止する。


今回の事件に限らず、犯罪を犯すことは咎められるべきでしょうが、今のヤフーコメント欄のように、
脊髄反射で加害者攻撃をするのは、よりこの排除を促すだけではないでしょうか。



少なくとも僕は、僕たちが構成している社会の中で起きた事件は、単純に他人事とみなすことはできません。
「犯人には厳罰を!」のような発言は、僕にはできません。




ネットを介して人の意見が可視化できる現代では、世論はあっという間に強い力を持ちます。
と同時に、排除を容易に肯定する、そんな社会では、間違いなく、また同じような事件が発生すると思います。


排除を阻止するたった一つの誰かの承認が、非常に貴重になってきました。

経済格差は拡大する一方で、核家族も増加しています。
構造的に”排除されやすい”社会になってきている。
だからこそ人と人とを繋ぎとめる承認という行為に、今まで以上に価値を見出すべきです。

元号が令和になってから、社会的にも大きな影響を与えた悲惨な事件が、早くも2つ起きました。
そして、上記の理由から、何も対策をとらなければ、このような事件は続けて発生する可能性は、低くないように思います。



こんなに僕が必死に考えるのも、ある意味、自己保身のためでもあります。
なぜなら、無差別で人に危害を加えるモンスターが自分の家族・友人に手を出す可能性は、0でないから。
家族の身に何かあることは、何があっても避けたい。だから必死に考えるんです。


そして、こう思います。
そうやって他人事で考えているけど、いつ自分の身に降りかかってくるかわからないよ?って。

みんなが生きやすい社会にするには、みんなで作っていきたいね、と。

スポンサーサイト
プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR