FC2ブログ

あと3日間

短答受かった後、こんな記事を書きました。

そして、ほぼ1か月がたちました。
今の心境としては、「何とか受かりたい」。
それは前と変わっていません。

やっぱり今年はだめかなーって気持ちと、
何とかなるかもしれないから頑張ろうって気持ちが、常に交錯しています。

(今年だめだった前提ですが)
来年、今日のこの直前期のブログを見返すはずです。
何を考えて、何をしていて、どう思っていたかを、振り返ると思います。
そのために、今の僕を記します。


端的にいうと今の僕はあがいていますw

少しでも論パを覚えようと通勤時間、寝る前の時間をフル活用して記憶するとともに、
過去問をいまさらながら必死にといています。
今日民訴がとりあえず終わって、明日から民法商法で予備過去問は、一応終わりです。

「予備試験 論文突破必勝講義」もまだ途中なので、あと1時間ほどですが見る予定です。

こうやって全教科を総復習するとハッキリ苦手な分野がわかるようになってきました。
特に民訴は複雑訴訟。正確な知識が身についていません。
会社法は全般。

試験問題対策(伊藤塾)を解いてて感じたのは、優秀答案のレベルが、自分が書けるかもしれないものもあるということです。

ずっと論マスをやってきて答練でも厳しい答案が返ってきて、そして優秀答案を見ると意外と完璧にかけていないながらも評価されているものがあります。

そのたびに、「これイケるんじゃない」って思い、しかし他の年度でわけわからない過去問が出てきたときは失望して、
ペンがとまってしまいます。


自分でも混乱しているような気持ちなのですが、今回は自然と挑戦者のような気持ちになれているので、その点は楽です。
別に失うものはないし、1回目のチェレンジだし、果敢に挑むだけです。

ここまで来たらとにかく後は過去問を解いて論パを覚える。
その徹底。

そして、試験本番で全力を出す、それだけです。

心構えとしても考えました。
まず①「難しい問題≒未知の問題は、自分だけ混乱しているのだけでなく、誰しもがパニックになっているのだから、少しでも自分の理解度を伝えようとすること。条文、趣旨、規範、あてはめ。自分のコトバで形にして、伝えようとする。」
次に②「易しい問題が出たらあてはめ勝負。記述の肉付けする箇所を絞り、厚い答案にする」
つまり、結局のところ相対評価であるので、それを常に意識して、加点できるところは加点する。減点から逃れられる場合はそうする。
こんなこと書いてあったなぁこんな形の論パで良いかなぁ っていうようなあやふやな論証書くのが、一番まずい。
理解している範囲で、不格好でもいいから自分のコトバで書き、そうすれば論理も繋げられる。

以上の作戦です。

そして重圧から解放される方法も僕は知っています。
これですw(過去の記事)

Life is Fantasy 

長い意味で人生なんて幻想かもしれないし、今生きているこの瞬間も、たまに滑稽になってきます。

能天気な気もしますが、まぁこんなテストひとつ、気楽にやっていきたいですね。
鼻歌でも歌いながら、些細なことでテンションあげられるように。
変な試験監督員or受験生がいたらこっそり笑いを我慢できるほどの余裕をもって、望みたいです。


良い意味で、緊張と付き合っていきたいです。


スポンサーサイト
プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR