FC2ブログ

問題意識 の共有

「問題意識を共有する」


このただひとつの作業だけで、その一定の人たちにとって皆プラスになる。

この法則を見つけました。


例えば夫婦間でもいうじゃないですか。
『言いたいことは言って』

組織でもこんなこと言われますよね。
『風通しの良い職場を目指そう』



逆に聞きたいけど、真正面から自分の意見をぶつけられますか?
・家事での小さな小言
・仕事するうえでの不満

人間関係ってものがあるから、素直に自分の言いたいことをはっきり言えるわけ、ありませんw
僕はそう思います。


でもひとつ思うことは、自分の抱えている悩み、困りごとってのは、自分には気になるけど、他人からしたらどうでもいいことであるケースが多いということです。


極端なケースは、自分だけが気になっている。
趣味嗜好の問題もありますが、これは全然あると思います。

些細な問題かもしれませんが、
結局爆発しちゃうのって、こういう些細な問題が積もり重なって、飽和しちゃうからだと思います。


そういうのは、芽が小さいうちにつぶす、これが最適解です。



不満をはっきり言ってぶつかり必要は全くない。
自分がかかえる”問題意識”を伝えれば良いと思うんです。



仕事するうえでよくミスする同僚にも
「これを誤った結果どうなって、誰に迷惑がかかるので防止したい」。

要は、組織の一員として働いてて、自分がイメージする水準に彼(彼女)が達していないから怒り・呆れが生じるわけで、
その背景になんで自分がそう考えるかを、伝えるわけです。


ほかにも問題意識の伝え方として
「僕は子供を早く寝かすことは親の責任だと思っている」
「~の部屋を片付けることで~を収納できる」
「車を運転するのは危ないので公共交通機関を利用したい」
のような夫婦に会話もあれば、

「社会人は時間厳守」
「挨拶は社会人として出来なければならない」

のような言い方でも全然かまいません。


どれも、相手を、全く非難していませんよね??
相手を非難せずに、相手に気付かせる。

「あ、あの人はそんな気持ち(想い)を抱えていたんだ」
って思わせれば、それで解決です。




伝えたいことを伝える、 必要はなく、
問題意識を共有する。

そうすれば、そもそもどんな考えでどこに重点を置き物事を考えているのか。
小言を10個伝えるよりは、その背景にどんな問題意識があるのか。

それを伝えたほうが受信側も理解しやすいです。



これは、部下に対する指導・注意についてもあてはまるような気がします。

何回言っても分かってくれない。
それは自分がかかえる問題意識が全く伝達していないからです。


字を綺麗にかけ。
ファイルは整頓しろ。
机のまわりは綺麗にしろ。

ちまちま指摘するより、問題意識の共有。

整理整頓でいかにミスがなくなるか。
部外者からみて良い印象をあたえるか。

それを伝えればいいのです。



「何でわかってくれないんだろう」
そう考えるなら、伝え方はもちろん、そもそも伝える内容についても変えれば、両当事者にとってグッと良くなるなんて思いました。


どうでしょうか?






スポンサーサイト

なんか、本気の自分をみせるのって、恥ずかしいですよね。

スマートに、クールに生きたいですよね。
何事も巧みにこなせる。
なんでも、ある程度できて、それを難なくなやってみせる。

まるでアニメの主人公のような、そんな生き方は、かっこいいですよね。

たくさんの人たちがそのような”スーパーマン”にあこがれているからこそ、
僕は逆に必死で物事に取り組んでいる人に対して凄い尊敬します。


あからさまに必死で一生懸命で、がむしゃらで全然クールじゃなく、
だけど芯の入った強い人。

そういう人に対して、素直にかっこいいと思います。


誰しも成長する過程で怒られたり失敗してきているわけです。
誰も、失敗なく何でもできるようにはなりません。

でも、なぜかあたかも”最初からなんでもできるようだった人”が称賛されるというか、憧れられて、
泥にまみれて成長した人より良く見られがちじゃないでしょうか。

でも一方で、
昔書いた記事 でも
”のぞきみ社会” って言ったように、人の魂こめた思い、気持ちってのを眺めたがるのはこれまた日本の国民性のような気がします。


「あ、やってるやってる。」
って感じの気持ちで、人の本気に触れるのが居心地良い。

決して自分の内面はさらけ出さずに、巧みにこなしながら、せっせと”のぞき見る”。


確かに人の努力は見ていて感動しますよね。

こんなことやっているんだ、こんなこと考えているんだ、
次は何するんだろうって。


でもある意味”のぞき見る”ってのは、評価されるのが怖くてそれから逃げているのではないでしょうか。

「他人を評価する」ってのは、とっても気持ちがいいです。

社会の中であなたはどんなことをしていて、素晴らしいことをしているね。
だけどその考えは少し違和感あるよなぁ。

とか。

だけど、評価されるのはとても苦痛です。

というより、ほめられるのは誰しもうれしくて、評価の背後にある非難が怖いのだと思います。

非難からの逃避。
とても合理的です。

非難されたくなかったらされるような事をしなければいい。
SNSでも何も発信しなくていい。
社会人としてあるいはフリーターとして最低限のことされやってれば非難はされない。




つまり、僕が特定の人をかっこいいと思うのは、非難を恐れず、魂込めて自分の目標を目指すその姿勢、その生きざまに対してでしょう。
普通だったら誰からも非難されないところ、みずから発信していくその姿勢。


僕は、このブログに自分の魂をこめているつもりです。

逆にいうと、この場所がなくなれば、僕はもぬけの殻になるでしょう。
それくらいの場所です。


ずっと昔に抱いた”やってやる”っていう気持ち。

初志貫徹、ではないですがその気持ち・想いを忘れずに、日々モチベーションを持続して、毎日を過ごせればと思います。


”仕組み”を知る

情報化社会といわれる現代。

僕たちは日々たえず多様な情報に接し、取捨選択を行い、思考をしています。



昨日、いつもの銭湯の露天風呂で、久しぶりに明るい空を見ました。
というのも、仕事が終わってからいくともう真っ暗で、空は暗くなっていたからです。

久しぶりに明るい空を見て、
「そういえば、5年くらい前も、同じ景色みてたんだっけなー」
なんて考えちゃいました。

そう、同じ場所で、ずっと昔、同じ景色を見ていました。

あの頃の僕は、社会人になった直後で、これからの社会人生活に目を輝かせ(!?)、
わくわくしながら生活していたような記憶があります。

あれから月日がたち、同じ景色をみている。
僕は、成長できたのか。
何が変わったのか。
なんて考えたのです。


そして考え抜いたのは、この情報化社会で、情報は生まれては死にを繰り返すばかりで、大事なのは接し方である。
その情報をどう扱うか。
その情報は何を意味しているか。
それを理解しないと、まったく意味がない、ということです。

例えば単なる知識は、役に立ちません。
探せば出てくるし、すぐにその情報はアップデートされ古くなる。

東証一部上場企業を覚えたって、何の役にもたちません。

大事なのは、情報の扱い方であり、表題のとおり「仕組みを知る」ことにあると思います。


要は、Aという情報に接し、それならBに影響がありよってCがDになる。
のような論理的な流れを理解する、その能力が強く問われると思います。


結局のところ、”創造”ってのも新しく0から1を創るというよりかは、既存の1たちを絡みあわせて10を創るような作業にあると思います。



会社は組織であるし、意思決定にも過程があります。
こうなればどうなるのか。
その事実はその会社にどのような影響を与えて、誰がどう判断してどういう決断をくだすのか。くだすはず、なのか。


その”はず”って部分がとっても重要で、これを積み重ねていくのが、これからの社会を生き抜いていくためのキーになると思います。

法律が改正せれた。
どの部分がどう改正された。
だからどうした?

どの職種の企業たちがどのような行動をとる”はず”なのか。
その結果社会経済にどのような影響をあたえる”はず”なのか。

仕組みを理解するものは、情報に溺れません。


仕組みを理解していれば「違和感」を感じることがあります。
これはオカシイ。
こんなことは論理的にある”はず”がない。


分かりやすくいうと、朝職場へ言って、同僚の車があったのに、席に見当たらない。
パソコンも閉じたまま。ずっと不在。
オカシイ。特に予定も入っていなかったのに、こんな”はず”はない。

そう、普通、出勤すれば、どこでどのような作業をしているか。
その仕組みを知っているからこそ、違和感を感じるのです。


アンテナを張る前に、まずはその 普通 を理解する。
そこから始まります。


この意味で、色んな職種を経験して、色んな環境で仕事をするほうが、多様な”仕組み”を知ることができるので、
これからは特に需要があると思いました。




プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR