決意を振り返って

ちょっと前にこんな記事を 書いちゃったんですけど、無事勉強は続けていますw

そもそも今回の決断は本当に1か月前の自分でも思ってもいないことでした。
冗談みたいで本当です。
本当に身の回りであった小さな事、その積み重ねがなぜか集約され、決断しちゃった感じで、
親もだいぶ驚いていました。
背中は押してくれるみたいですが。

今回のチャレンジは難関資格ということもありはっきり言って長期戦です。2,3年は覚悟してます。
一番難しいのはモチベーションを保つことでしょう。

初志貫徹。
今のどこから来たのか不明な(?)モチベーションを、だれかに伝えたい。
こうやって文字で書くだけじゃなく、言葉でも伝えたい。
そんな段階です。


もう入金も完了したし(←)、後戻りはできません。
今はまだ何も変わってませんが、人生の転機ってこんな感じなのかな、と思いました。


言い方が難しいですが、
「点と点が線になる」感覚。

小さな思い付き、抱えていた憧れ、蓄積された不満。

国家公務員からの転職は、一番多いのは地方公務員らしいですね。

公務員の地位を捨てる人はなかなか居ないと思います。



これからずっと転勤しながら決まったポストを歩くこと。
仕事のやりがい。
給料。

そして、こんなのは理由じゃないですが、
東京での生活にも少し疲れてきた気がしますw



ただ、始めたからには淡々と。

30歳が近くになっても、夢は語ってもいいのかななんて思いました。

スポンサーサイト

深度・思考・生産性 とか

クリエイティブってどんな事を指すのでしょうか。
生産性が高い仕事って何なのでしょうか・


最近「考える」事について考えてます。
本を読み、知識をつけて、考える。

この流れの中で一番重要なのはやはり「考える」行為だと思うんですが、
気が付きました。
結局本当にモノゴトを考えるってのはとっても深い「深度」まで潜らなければいけないことを。

脳はどうしても楽をしたがるので、「綺麗に」「スッキリと」「わかりやすく」考えようとする。
強制させる。
ただ、『深度のある思考』ってのはそんなんじゃ全然ダメなんです。

分かったつもりの部分について本当にそうなのか自問自答する。

複雑な構成要素がややこしく絡まり合う事象のごとく、それを一つ一つほぐしながら
自分の思考レベルにまで落としていく。


なんか、脳に汗をかくって表現が感覚的にわかってきたのが今日このころなんで、こんな事をブログに書いてます。


”クリエイティブな仕事をする” ”知的労働者”。
結局は思考の深度。

いかに突飛な考えであっても、それはそもそも一般常識からベクトルがずれているわけではなくて、
深度のある思考をしたがゆえに既定の路線の延長線上に着地した。
そんなもんだと思いました。


楽しようとする脳に汗をかかせる。
これって凄く難しくてしんどいことだと思うんですけど、これも訓練だと思います。
何をいかにどのレベルまで考えるか。

結局頭良い人ってこのトレーニングを積んできた人な気がしますし、
それだけ自分を追いつめてきた人のような気もします。


僕自身はもともと頭は良いとは言えないので、地道な訓練ってのは必要です。


今日は何を考えたか。
それを寝る前考えることにしました。

そして今日は、「考える事」について考えました。
おやすみなさい。

決断は唐突に

とりあえずブログのタイトルを決めて、カテゴリは迷った挙句『旅』にしましたw


自分の中でなんか吹っ切れたものがあったので、とりあえず書きます。
今まで抱えていた不満だとか、自分の本当にやりたいことだとか、色々考えてて、
そしてGWはさんで何かがはじけて、このままの自分で本当にいいのかな、なんて考えてて。

一生この仕事でいいのかな、なんて悩んでて。

そして、色んな偶然が重なり合って、導かれるようにここまで来ました。

今回の(自己)投資額は過去最高。
自分が最初に乗ってた車が3台以上変える金額ですw

社会人だからこそ出来るけど、家族もいるしいわゆる安定した仕事をしてるからこそ
決断しにくい。

そんな側面もあるのかもしれませんが、もうほぼ腹はくくりました。



こうやって、ダラダラ書いて、「仕事辞めます」とか言い切らないところが変に保険かけてるようで、
そして実際にかけてる自分もいて、嫌になっちゃいますがw
とりあえず新しい目標に対して、莫大な時間と金をかけて目指してみるって決断はつきました。


後から振り返ってこの時の感情を忘れないように。
モチベーションを持続するように。
初志貫徹。

ちょうど先日、28歳の誕生日を迎えました。
30歳までに、結果出します。


おやすみなさい

多分社会人には2種類いて、

「いかにこの組織(会社)で上手くやっていこうか考えてる人」
あるいは、「いかに早くこの組織(会社)から独立するかを考えてる人」

多分、この二種類しかないでんす。
当たり前の事みたいですが、そう考えると組織って凄いですよね。
良く成り立ってますよね。


一般的なサラリーマンは、明らかに、冒頭での前者だと思います。
苦手な上司との接し方、悪い報告を抱えての対応の仕方、
ずっとこの組織でいる前提で、組織のために考える。


そして後者の方。
「辞める前提の思考」これってどうなんでしょうか。
一概に、マイナス要因のように決めつけていいんでしょうか。


辞めるために何をしようとしているか、どう考えているか。
「自分をこのレベルまで高めたら辞める」
「とりあえず金貯める」
技術向上、人脈形成、そして資金。
こう考えると、独立(転職)前提で働くって全然違いますね。



個人的にはどちらが良いとかいうつもりはありませんが、
冒頭の「いかに早くこの組織(会社)から独立するかを考えてる人」も、
職種によっては即刻辞めるべきものもあると思います。

技術向上が見込めない、人と逢う機会がない、お金もたまらないw
そんな会社は辞めるべきですね。



GWも終わりのこの頃に何でこんな記事書いているんでしょうね、自分でもよくわかりませんが、
長期連休中にゆっくり仕事について考えたりしました。
3年間。あっという間に過ぎた時間。30歳も目の前で、
「いかにこの組織(会社)で上手くやっていこうか考えてる人」であり続けたくないな、と。

元からあんまり集団にコミットしすぎるのはイヤですしw
ちょっと距離置いて、頑張りすぎずにボチボチと。

色んな生き方もあるし。


小説もこの連休でたくさん読みました。
色んな事を感じました。


今の職場が全てではない。
そう思い始めたらもう遅い。

職場にすがりつくしかない。
その瞬間、自分の価値は消える。

反骨精神(?)
抗うこの精神の方が、僕には向いてる気がします。

このある意味広い東京で、たくさんの価値観に触れながら、生きることについて考えていきたいと思います。
プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR