ラプラスの魔女

僕はあまり小説を読みません。
どちらかというと日頃から手に取る本はノンフィクションで、学問系の本だったり、ドキュメントだったりと。

今読んでいるのは、東野圭吾「ラプラスの魔女」です。

これにハマっちゃって。
昼休み通勤時間含めてここ2日間ずっと読んでます。
明日には読み終われそうなんですが、面白いですね。

社会科学の中で「複雑系」といった分野があります。
バタフライ効果、聞いた事ありませんか?
個人的に非常に興味深い分野です。

社会の中の相互作用、因果関係。
わかりやすくいうと あぁなればこうなる。
その導くまでの過程が大好きなんです。

アマゾンで以前購入しました。

『ヤバい経済学』
宣伝とかじゃなく、本当にこの本は面白いです。
(宣伝したところで広告料収入は0です・・・)

アメリカで犯罪数が低下した。その理由は「中絶が法律上認められるようになった」からだ。
この因果関係、説明できますか?

この本を読んだ時、僕は本当に感動しました。

もう2年も前ですが・・・。


社会の中で起こっている事って、意外と単純。
論理的作用の帰結。
こうなったので、あぁなっただけ。
バカみたいな陰謀論なんかなく、全てインセンティブの問題なんです。


ラプラスの悪魔ってのは、自然科学上「ものの理」を説明しようとした学者に対する、事後評価です。
時は18世紀。自然科学が解明されるに連れ、全ての原子の相互作用を理解し、かつそれぞれの行動様式を把握する知識があれば、未来に起こりうる全ての事は決定付けられる。って学説。
それは予測でもなく、前もって決定付けられた世界。
ロマンあふれる考え方ですよね。

ですが、そう簡単に上手くはいきません。
残念ながら現代でも、天気予報は外れて地震が来てもあとからスマホがうるさく鳴るだけ、です。

この考え方の社会科学バージョン、それがいわゆる「行動経済学」、インセンティブで語れる理論なのかな、なんて思ったりします。

人は意外と合理的で、その結果が今の社会。
集団を形成する個人は、集団の「在り方」で行動様式が決まる。



・何故朝、7時から9時頃の都心へ向かう電車は乗車率が高いのか?
→朝の通勤時間はどこの会社も似ているため

・何故平日19時に閉まる病院は閉店間際に駆け込む人がたくさんいるのか
→皆仕事終わってから来るため

・何故土日はどこの飲食店も売上が高いのか
→平均的なサラリーマンは土日が休みなため

って当たり前の話をしました。
では次。


・何故5月中旬、電車が空いているのか
→5月病になった大学生が家で寝ているから

・何故ディズニーはゴールデンウィークの次の休日が混むのか
→ゴールデンウィークは混むから次の週に、って考えている人が多いから

・何故出生率は低下しているのか
→一人暮らしの男性が増え、子供及び妻を養っていく余裕がないから
・何故一人暮らしの男性が増えたのか
→老人ホームが増えて、気兼ねなく介護されながらお世話される親が増えたから

・電車通勤する際、何故端から2両目の真ん中あたりのドア付近はいつも混んでいるのか。
→少し乗った先の、ターミナル駅で一番乗り換えがスムーズだから。


他にも色々思いついたりしてますが、覚えてませんw
でもありますよね、普段のなんとなくの「あれ、なんで?」に対して「そういうことか!」




自然の物理法則。
人の意思決定過程。

個人的には、全く同じものとは言えませんが、似てるものなのかな、なんて思ったりします。
Aを入力すればBが出力される。
その蓋然性が高い部分で、制度設計は構築されていくもの、だと思います。

(水曜日は定時退社の会社が多いので、こういったブログ更新の絶対数が平日の中で高い、なんて因果・相関関係があれば興味深いですねw)




梅雨ももう少しで明け。
おやすみなさいzzzzzzzzzzzzzzzzz
スポンサーサイト

デモ、数値化する”世論”

バタバタしてたのが落ち着き、久しぶりのブログ更新です。
プライベートでも仕事でも、一段落いたしました。
せめて週1回、ブログ更新できるように頑張りますっ!

最近は、本当にデモ多いですよね。。。

職場付近でも仕事してて、凄いデモの声が聞こえてきたりします・・・。
そもそも”デモの目的”って何でしょうかね。

日本は今民主主義の体制をとっています。
国民が投票した票数によって議員が選ばれ、法律を決めていく。
間接的に僕たち一般人が僕たち一般人の(法律として)規律を決めていく、って事ですね。
自分たちが決めたのだから抗うべきじゃない。
文句の矛先は自分たちに向けるべきだ、って妥協させる制度です。


その中で、”デモ”って何を意味するのでしょうか。
僕は、『少数派だが、「自分たちの意見は正しい」と信じてやまない人たちが、多数派の「間違っている人」のために行動するもの、そして世論を形成するもの』っていう表現になるのかなぁなんて思ったりします。
ここで重要なのは「少数派」って事。
多数派ならば、デモなんてしなくても思い通りにいきますもんね、正当ルート「民主主義」を通して。
まぁそれが本来の在り方なのかもしれませんが。。。



「数」について語ったので、次は数値化、について。
これからますます、”世論”は数値化され、統計可能になり、ある意味わかりやすい社会になると僕は思います。

Facebookでも「いいね!」の数だけ、Twitterでも「リツイート」の数だけ、そして最近ではyahooニュースにもコメント欄に「goodマーク」みたいなものが出来した。
スマホでyahooニュースはチェックしているんですが、コメント数(good or bad数)も記事のタイトル見出し下部に表示されるようになり、どれだけ注目されている記事が「客観的に」「効率よく」わかるようになりました。

これは科学的進歩の結果なのかもしれませんが、「数がモノを言う民主主義」では凄い影響を与えていると思うんです。
世論形成状況含め、どんな意見を持っている人がどれだけいるか。
それが瞬時にわかる。



そしてここからが今日の考察です。
これからどうなっちゃうのか。
デモみたいなリアルな世界での意思表示は絶対値として「少数派を増やす」ものであり
ネットでの集約された世論は「多数派を増やす」ものである。


直観ですが、ネットでの議論って匿名性を良いことにかデモを卑下するようなものが多く、
多数派の一員としてデモ自体を眺めている。

デモをする方も、「マスコミは報じない~」なんてよく言っていますが
SNSではけっこう注目されていたりしますよね。

で、言いたい事。
リアルな場所でデモする人ってのはよっぽどじゃない限り意見変えません。
それ程のエネルギーを持ってる人です。
ネットでその攻防を眺めながら、なんとなく多数派にいる(って自覚してる)人。
いわば新しい中間層、その人達は多分『雰囲気』で動いているんでしょうね。

東京来て思いました。
サラリーマン、そんなに暇じゃありません。
ゆっくり腰を下ろして政治について考える時間、なんて確保できますか。
(この文脈でも日本人働きすぎ論には同調しますが)

ただこれが現実です。
色んな装置使って算出した結果が今の社会であって、
その装置は時代により変わります。(あえて「進化する」という表現は使いませんが)

いいね!の数、リツイート数、コメント数を見て多かったら記事を読む。
第一面は自分たちで選ぶ。
ある意味高度な民主主義、なのかもしれませんが、
有権者それぞれの質をより問われる時代になった、っていえると思います。


梅雨ですがもうひと踏ん張り、明日からも1週間頑張りましょう(*^_^*)
プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR