思考 の出発点

こんばんわ。
絶賛社畜なうで、さきほど帰宅した所です。
明日は仕事終わった後最終フライトで帰省するのでその支度をしてきました♪

こうやって身の回りの身支度などをたんたんとこなしているとき、早く結婚して嫁さんがーなんて思っちゃいますw
ちょっと疲れていますね、失礼しました(^_^;)ww


それではマジメにタイトルに戻って、「思考の出発点」。

最近、嫌なニュースを見る機会が非常に多くなったと思います。
タイムリーなものでは小さな子供が亡くなって、複数人により殺された、とか。
盗撮とか殺人とかイジメとか官製談合とか・・・。
まぁニュースで報道されるのは良い内容なんてほとんどないんですけど、やはり質的にも
比較的「悪い」ものが多くなった気がします・・・。

こんな時、どう思いますか?
やっぱりまずは「こんなサイテーなコトする奴なんて一緒な社会で暮らしていたくない。一生刑務所で居てくれたらいいのに」的な思考はないでしょうか?
僕はまずそう思っちゃったりします。
だって怖いですよね。危険ですよね。安全・安心な生活送りたいですよね。

ただ、一呼吸おいてゆっくり考えちゃったりするんです。
もし、自分が「最悪な環境で居たなら」って。

「最悪な環境」ってなんでしょうか。
例えば、毎日終電、たまには終電諦めてタクシー。
18時間労働を繰り返す日々。
表現難しいんですけど、そういうときって「正常な判断能力」なんて持ち合わせていない事はありませんか?

フワフワした事、ないですか?
ボーっとして疲れすぎて何も考えられない。

そんな状態にアルコールなんて入っちゃうと『まともな人間』ではなくなる可能性はある、と僕は思います。

いつ自分がそんな環境に陥るかわからない、その危険性は皆共通して潜在的にもあると思うんです。


かつ、両親が非常に暴力的で、友人にも恵まれず暴力を振るわれて、学校も行かなくなり・・・
生まれ変わればそんな環境で育つ確率も大いにありますよね。


自分にとって最悪、それだけじゃなくある一人の個人にとって最悪な環境でしてしまうかもしれない事柄、
それって一義的に「人としてありえない事」って決めつけちゃって思考停止しちゃうのは僕は少しいただけないと思います。

恵まれた環境で育ったから悪い事が悪い、と判断できる能力を養えたのであって、
それは自分のおかげ、というより身の回りの人、社会が育ててくれた、のだと思います。

ならば還元するべきですよね。
「犯罪を犯したこいつは悪い」っていうような属人的な批判ではなく、
もっと俯瞰した社会全体の制度論について考える。

人が行う行動とその周囲の環境には、少なくともそれなりの因果関係・相関関係があるわけです。

っていうようなほんの少しの思いやり。
考える時間。
これでもっと社会ってよくなるんじゃないでしょうか。


今みたいにギクシャクしているんじゃなくて、
もっと住みやすい、生きやすい社会になるんじゃないでしょうか。

なんて思っちゃったりしました。

では寝ます。
明日は金曜日!

おやすみなさいzzzzzzzzzzzzzzz
スポンサーサイト

社会への還元の仕方

お疲れ様です。
ぶっちゃけ・・・なんですが、昨日は何があったのか9人もこのブログを見てくれる方がいましたw

はっきり言ってメチャクチャうれしかったですねw
今まで平均一日3,4人程。
ブログ更新時もそこまで閲覧数は変わらないはずなのに・・・。

でもこのブログ閲覧数って仕組みって、本当に上手いこと出来ているなぁ、なんて思います。
今まで平均週1更新って頻度ですが、この更新頻度もこの数値のおかげ、といっても
過言じゃありません。
(性格上三日坊主なのです)

誰かは分からないが、誰かが見てくれている。
それが1人でも、誰かが見てくれている。
そうすると、「そろそろ更新しなきゃ」って義務感が生まれるんですよね。
思考が始まる瞬間です。

僕は、このブログの存在意義自体「自分のため、他人のため、そして将来の社会のため」
にあると思います。事実は分かりませんがそうあって欲しいと祈ってます。
自己投資の一環でもありますし、誰かがこのブログを見て
「変なこと書いているなぁ、こんな意見もあるんだなぁ」って思っていただいたらこの上無いですし。
結局「個人」って単位に帰結する部分はあるのかと。
個人同士の「よくわからない他者の意見を耳にする」瞬間ってのが社会全体にとってその価値をあげる瞬間、だと
僕は思う訳です。

そして、その結果間接的にでも社会に還元出来るのでは無いかと。


特定の誰かに向けた情報発信だと、こういった形のアプローチはしないでしょう。
誰でもいい、とにかく見てほしい。
僕の無知を。
この未完成の僕を。

若いうちは恥さらしてナンボ、だと思いますしw
醜態晒すべきだと思いますw

僕自身まだまだ未熟で、考えも浅く教養もまだまだ半人前な部分は本当にあると思います。
ただ、その発展途上な形でもその進捗状況踏まえて言葉に表すことは出来る。
そしてそのありのままの Let it go (!?) な個人の考えていることを伝えられる。

素晴らしい仕組み、ですね。

タイトルは『社会への還元の仕方』と設定しましたが、
ブログの足跡数値化、及び
ブログの発信方法(SNS連携)含めて
いつのまにか「仕組み論」になってしまいました。

ただ、小さなこの「仕組み」に気付いて無意識で行っている(行わされている)行動を意識できるようになりたいですね。


そして・・・
ブログ更新もいいんですが、早くHPを作らないとw
どうやって作るんですかレベルからなかなか進めないです><

とりあえず寝ます。
関東は今、雨。
明日は晴れたらいいですね^^v

忙殺されそうですが

仕事し始めてからずっと思っていました。
「バリバリ仕事する、息つく間なく働き続けるってどんな感じなんだろう」って。
今まで比較的暇な部署が多かったんですね。

今は基本日付変わってから帰宅。
6時過ぎには起床。
比較的自分の時間ってものは少なく寝に帰るみたいなもんです。

ただ、この環境でもわかってきたことは「選べる」ってことですね。
往復通勤時間で2時間ちょいありますが、これで1冊本読めちゃう。

天気のいい日は少し早く出て、少し人の居ない通勤電車。
中央線ユーザーですが、せっかくの高架を利用しないともったいないですよね。
晴れた日の青空って通勤電車内からとっても綺麗に見えるんですよね。
これは地下鉄ユーザーには無い特権だと思います。

大阪では僕はずっと御堂筋ユーザーだったので、空が見えませんでした。
晴れた日、ゆっくり遠くの青空見ながらゆっくり呼吸しながら本に目を戻す。
その行為自体が僕の中に溜まっている全てのストレスを飛ばしてくれそうですw

でも科学的、とかじゃなくて直観的に感じませんか?
綺麗な青い空をゆっくりボーっと見る、
光り輝く星を数えながらの帰宅。
何も考えない、外界からの刺激のみを本能として感じられる瞬間。
多分これって脳に凄くいいんですよね。

『世界はそれでも美しい』
ちょっと前に見たアニメで通勤時もこのアニソン聞いてますw
メチャクチャいいアニメですよ、主題歌も最高ですw

って感じでテンションばかり高いような内容になっちゃいましたが
まだ月曜日。

今週もボチボチ頑張りましょう!
ではおやすみなさい^^v

国家論・権力構造の変容


①yahoo!トップニュースがリアルタイムで更新される。
新たな展開。
状況の悪化。

場合によってはニュース記事一つに何千というコメントが寄せられている。
同調した場合はグッドボタン、同意できない場合はバッドボタン・・・
というようにこうやって民意は形成させられている。


↑グッドボタン、描いてみましたw


このボタンが「国民の代表的な意見は1番たくさん”グッド”が着いたこの意見だから、国としての対応もそれを踏まえたうえで
考えて行動してくださいよ」
という『空気』を作る役割を果たしている。
コメントを読む多数は、「やっぱりこういう意見が多いのか」とより自分自身の意見を強く持つもの、
或いは「こういう意見が多いんだ。でもやっぱりそうだよな。」と同調の圧力に耐えられず
”グッド”ボタンを押す。

数値化された国民の意見は国全体を覆う”空気”を支配し、国策にも重要な影響を与える。


②情報の入手手段。YouTube。日本では規制されておらず、発信された情報は瞬時に国民が閲覧可能な状態になる。

情報はSNSを通じて拡散される。
場合によっては何万回ものReTweet。
このように「政府の公式発表」を待たず情報が共有されていく。

そしてまた”民意”はReTweetという形で数値化される
「国民の公式見解だ」と言わんばかりに。

あまりニュースで報道されない官邸前でのデモとかより、圧倒的に支配力があるネットの世界での”世論形成パターン”。

時に、官邸前のデモが「あっちの世界」であり、ツイッター、yahooニュース、2ちゃんねる上が「こっちの世界」だと錯覚させられる程である。


以上、
①及び②よりこれからは新しい形の「ボトムアップ型民主主義」の時代が到来するのではないでしょうか。

ってのが昨今の日本全体を震え上がらせている事件に対しての考察です。
このブログでは政治的な発言はしない、って決めているので
深くは言及しません。
一般論としての「制度論」の変容。

民意が「可視化」されるようになりました。
国家としてどうあるべきか。
結局、民意が「可視化」された以上統治者はそれに従う、しかないんじゃないでしょうかね。

少なくとも政策を決定するのは政治家。
有権者の代表者です。
勿論簡単にはその有権者の意見に抗えない。

国家の統治者としても、今まで以上に「調整力」が問われる時代になったのではないでしょうか。
それこそトップダウンで突っ切る、ってのは無理があると思います。

上に書いたように、数値化された民意は「国の空気を支配」するんです。
だからこそ、国民一人一人の意見、考え方そのものが非常に重要になってくる時代、だともいえます。


情報交換手段が権力構造のバランスを変える。
その転換期、といっても過言じゃない気がします。


最後に・・・
もうこれ以上日本人が、いや世界中の直接事件とは関係の無い一般人が死ぬなんてことは
あって欲しくありませんね。

明日から1週間!寒いらしいですが頑張りましょう!
おやすみなさいzzzzzzzzzzzzzz
プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR