最近よく語られる「自己責任論」

昔からよくこブログで「自己責任論」についてはよく語っているつもりです。
最近よくニュースでみますね。
僕の考え方は一貫していると思います。
「自己責任」。この一言で問題を解決しようとするのは無理、ですね。

主体性の否定、そこから始まると思います。
人が生きていく上で「自分自身の頭で考え行動する能力」。
それを環境に依存せず行う、なんて無理なんです。

というより何でもすぐに自己責任ってフレーズを使い思考停止し、
問題の根本的な部分を特定の人の内面性に帰結させようとするその思考回路自体教養が低い、
と思います。

何十年、何百年もの歴史を経て作られた現代の社会システム、それはいわば妥協の産物。
と同時に叡智の塊でもある、と思うワケです。
そして僕たちはその巨大なシステムの歯車を回すために産まれてきた。
生産物であり当時に生産者でもある。

歯車。
機能、存在意義自体には抗う事が出来ない。
別の言い方をすると「考えて行動する」のではなくその思考パターン含めて
「考えさせられて行動させられるもの」だと思うんですね、そもそも人って。
常に受け身です。


身の回りの育ってきた環境が違えば全く違う自分になっていたでしょう。
もしかしたら僕も海を渡っちゃったかもしれない。

上記の理屈で安易な「自己責任」ってフレーズを使うのは僕は嫌います。

主義思想、或いは人種が自体が異なっていてもそれを乗り越えられる事の出来る知性を人間は兼ね備えている。

自分にとって未体験の事象は非常識な事象、ではないと思います。
どういった過程を経てそうなっちゃったのか。
少しだけ考えてみる。
思いやりってそういうモンじゃないか、って思ったりもします。


最近はいつも帰宅が深夜で、疲れてクタクタで帰ってて・・・
帰りの電車で思いっきり靴踏まれたり押されたりぶつけられたり。
イラっとくるときも勿論ありますが疲れてるときはお互い様です。
逆にお疲れ様、って思えるような大人になりたいですね。


自分とは違う色んな考えを持った人が今の社会を形成していて、
皆それを自分なりに動かそうと必死になっている。

人って、組織って、社会って、世の中ってそういうモンだと僕は思います。


疲れてるとき程辛い時程、深呼吸して周りをゆっくり見る余裕を持ちたいと思います。
明日は週中日、雪降るとか耳にしましたが寒さにはお気をつけて。
おやすみなさい^^v
zzzzzzzzzzzzzzzzzzz
スポンサーサイト

東京ー大阪 都市計画の在り方

題名には「都市計画」ってフレーズを使いました。
今引っ越しした所、ってトコもありますし結構今散歩してますw

元々街散策ってのは大好きで、大阪いるときから梅田―心斎橋間とか徒歩移動したり
京都住んでる時もチャリで路地裏右含めてウロウロしてました。
海外でもビル群から田舎の景色まで見るのはたまらなく好きですね。

どういう文化で街が発展してきたのか。
更にどんな人が住んでるのか。

そもそも僕が今考えている事の一つに、「都市(街)の在り方」と「人格形成の相関性」ってものがあります。
ヒトが街を作る。
しかしそこに住む人は街により「思考形式が作られている」
インフラが人に間接的に与える影響、っていうんですかね。

社会学とかでもこの都市論、インフラ政策論みたいな分野は既に研究されていますよね。
ハード、ソフト、両面に着目しそれがヒトにどんな影響を及ぼすのか。
って事を考えながら最近は住んでいるだけあってJR中央線沿いをウロウロしてますw

まず今日までのこっち住んで20日位でわかったこと。
特に東京って沿線がブランド力を持っている。
関西はどちかというと「西北」とか「江坂」とか駅で語られることが多いように思います。
こっちは例えば東急田園都市線って比較的ハイソ(?)な、
中央線でも大衆的な、サブカル的な口調で語られる事が多いと思うんです。


元々大阪でいたとき、僕は江坂に住んでいました。
江坂って西では珍しく東急グループが開発した場所なんですね。
ハンズもありますし、東急インも駅前にある。
だから東京色、かつ「東急色」の濃い場所に僕は住んでいたワケです。

ゴチャゴチャしているというより、比較的きれいに整理しれた街。
町、というより街。そんなイメージです。
僕もスーツ着てる人がたくさん降りるような場所が良かったんで、江坂選びました。


ただ、最近思っていることは、そんな「サラリーマンが住むまち」のような多様性を否定する都市って、居住環境及び都市計画上は非常に効率的だけど文化的にかつ社会全体的に階層化ってものを生むんじゃないか、ってことです。
階層化。簡単に言うと嫉妬・妬みの源。
効率性のみ追求された、いわば「人工的なまち」。
あまりいい意味で語られないと思いますがそれの弊害について、色々考えている所です。




今日はこのような「問題提起」で終わらせます。
これから更に中央線、山手線あたりを攻めながら、東京でいろんな都市を観察し
都市そのものの在り方、問題点とか、あとは個人的に住みたい場所なんてのを
見つけに散策したいと思います。


JR中央線あるあるJR中央線あるある
(2014/01/25)
増山かおり

商品詳細を見る


↑今はこんな本を読んでます。
今日もたくさんアマゾンでポチっちゃいました。
吉祥寺に良さそうなカフェもみつけたので、またそこでたくさん本も読むつもりです。


ではおやすみなさい。
明日からも一週間、頑張りましょう^^v

消費者>生産者

表題の図式。
つまり消費者が生産者に勝つとき、立場上有利になるとき。
それが現代社会。


以上、今日のブログです!


って簡潔にまとめたかったんですけど、意味不明ですし付け加えますw

昨今のニュースの在り方、報道の仕方。
昔と比較するとよくわかると思うんですが、だいぶ変容していると思うんです。

メディアはただ事実を報道するだけ、それが今ではどちらかというと「問題提起」。
こんな問題を今日本は抱えていますよ、皆さんはどう思いますか?
これが現代、です。

もうお分かりかとしれませんがそれはネットの機能、「不特定対数の利害関係者の意見の集約」が可能にしたことだと思います。
代表的なのはTwitter。
よくニュースでも、「ツイッターでは・・・」みたいな引用表現を良く見ます。
こういう意見を言っている人もいるが、逆にこんな意見もある。
考えさせる。
そういう意味ではネットの発達によりメディア自身も進歩しているのかもしれません。


加えて、最近よくみる食品への異物混入事件。
最近よくあるなぁ、っていう意見をお持ちの方は多いと察しますが、
正しくは「最近よく報道してるなぁ」ではないでしょうか?

そう、異物混入という事実が増えているのではなく、ただそれが判明しているだけ。

僕が知っている限りの判明ルート。
事案発生→Twitter 拡散→yahooニュースなどで取り上げられる→報道関係者から他事案発生の有無を問い合わせ→更に判明。

氷山の一角、かもしれませんね。
つつけばつくほど出る。ただ、今まで公表していなかっただけ。
そもそも消費者からのクレームをそのまま公表する義務、なんて生産者にはないんです。
クレームの定義さえ不明確ですしね。

これからはより一層高度な「大衆文化」が訪れると思います。
マネージメントの中でもコンプライアンス事業。
この分野に更に力を入れてくる企業は多いはずです。

いわば各個人へのクレーム対応、ってのがしにくくなった時代ですから。
個人はいつ全消費者へ発展するかわからない。
予測不可能な時代です。



ただ、デメリットばかり言ってるみたいですが勿論逆にメリットもあります。
上記の「大衆結合可能性」を活かす。
つまり、一人の消費者が与えられた満足感が分散され、非ターゲット層まで含み需要を喚起できる、という点です。

僕が個人的によくネットで目にするのはディズニーランドの接客ですねw
良い意味でしか語られないですね。
本当に人の心を動かされるモノって拡散されるんですね。
内容如何に問わず。

企業(生産者)が目指すブランドイメージ VS ”大衆連合”

新たな資本主義の形態、
次の次元の消費者文化が訪れている。
僕はそう思います。

居酒屋で語られていた事がネット上のいわば仮想空間で語られる。
それに圧倒的多数の面前で。
それだけの違いですが、こうも違うんですね。

そして与えられた”インフラ(ネット)”と人の適応能力。


新たな”カリスマ”にも親指一つでのし上がれるかもしれませんね。

どこまでも考えられそうな議題ですね。


明日は水曜日!まだまだ週半ばですが・・・頑張りましょう^^v
オヤスミナサイzzzzzzzzzzzzzzzzz

新天地にて  【東京】


年が明けて、東京に来て2週間。
ずっとブログにログイン出来なくて、更新が滞ってしまいました!
改めて、あけましておめでとうございます(遅

ということで元気に深夜まで働いております。
今日も先ほど帰ってきました。
やっぱり東京って忙しいんですね・・・。

それに通勤時間、みなさん
殺伐としてますねw
そういった雰囲気にも、1週間ほどでもう慣れてきました。
無事、降りる駅を寝過ごす事案も経験しましたw

非常に遅いですが今年初めのブログ更新。ということで、新年及び新天地での決意。

まずはモットー。
"Open Mind High Spirit"
素晴らしい言葉です。昨年末に出会ったこの言葉を今年も常に意識していこうと思います。

目標としては、
東京ならではの新しい出逢いを出来るだけ経験すること。
新しい価値観に出会う、新しい人と出会う、そして本をたくさん読む。
ぶっちゃけ本はどこでも読めるので、いろんな人と出会うってのを重点的に行っていきたいですね。

そういえば3日前位、いきなり新宿で営業マンのスカウトをされました。
東京ってこんなビジネス?人脈形成の方法?もあるんですねw
驚きました。

日本一活気がある街は、ここ東京です。
働いている人もそれは優秀で、活気があり、素晴らしい方もたくさんいると思います。

自分が社会人としてまだまだ、と思い知らされるためにも、そういいった恥じる経験を今若いうちに出来るという身の回り・周囲の環境に感謝して、頑張っていきたいと思います。



最後に、今書いたことと全然カンケーないんですが・・・
日本の未来は明るいですっ(^。^)

プロフィール

WIPA

Author:WIPA
司法試験受験生。
転職活動中。
趣味は読書。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR